« テンシュテット/ロンドン・フィルのライヴ盤 マーラー交響曲第2番「復活」 | トップページ | ドヴォルザーク 交響曲全集 ウラディミール・ヴァーレク/プラハ放送響 »

2010年7月19日 (月)

ファリャ バレエ音楽「恋は魔術師」 愛聴盤 ~火祭りの踊り~

Lrg_10329311

うっとうしかった梅雨もついに明けましたね。東京でも梅雨明け十日の猛暑に見舞われています。いやぁ、それにしても暑いのなんのって。(汗汗) ビールが実に美味しいのはありがたいのですけどねぇ・・・

こうも暑いと、さすがにマーラーを聴こうという気分でもなくなります。涼しさを感じる音楽として、僕が毎年夏場に聴きたくなるのは、まずボヘミア音楽です。スメタナ、ドヴォルザーク、爽やかでいいですよね。ただし余りに暑いときには、むしろ照りつける太陽と乾いた土の雰囲気のスペイン音楽なのですよ。ロドリーゴのアランフェス協奏曲も夏の夕暮れには最高なのですが、もう一人のスペインの大作曲家マヌエル・デ・ファリャもいいです。僕が特に好きなのはバレエ音楽「恋は魔術師」です。

この曲は、初めはスペインの劇作家シェルラという人が、アンダルシア地方の民話をもとにして書いた台本による1幕のバレエ「アンダルシアのジプシーの情景」でした。それをコンサート演奏用に楽器を増やして、独唱をつけた形に編曲したのものです。

その台本はといえば、おおよそこんな内容です。

『官能的なジプシー女カンデラスは夫が死んだ後に、若くハンサムなジプシー男と恋に落ちます。ところが死んだ夫が亡霊になって現れて二人の恋の邪魔をします。困ったカンデラスが思いついた作戦は、生前美女に弱かった夫の亡霊を、友人のルシアに誘惑してもらうということです。夫の亡霊がルシアにうつつをぬかしている間に、愛する恋人たちはどんな魔術も効き目を失うというといわれる完全な愛の接吻をして、めでたく結ばれます。』

いかにも情熱的なスペインらしい話ではありませんか。生きてる人も亡霊になっても、みなさん情熱的に恋をしているのですねぇ。自分もぜひ見習いたいものです。

現在広く演奏されているのはコンサート用の全曲版です。なんといっても有名なのが第5曲の「火祭りの踊り」です。怪しげに始まってメラメラと燃え上がってゆく躍動的な曲です。この曲は昔からとっても好きなんですよ。第8曲の「無言劇(パントマイム)」もロマンティクでいいですね。歌入りの曲ではメゾ・ソプラノがいかにもジプシーっぽく情熱的に歌います。その艶めかしいことときたら、たとえ幽霊でもクラっと来ちゃうでしょうね。もちろん、うぶなワタクシなんぞはイチコロです。

さて、CDの数はそれほど多くありませんが、愛聴盤をご紹介します。

00000452006 ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス指揮ニュー・フィルハーモニア管(1966年録音/DECCA盤) ブルゴスはスペインとドイツのハーフなので、どちらの音楽も得意です。3年前にドレスデン・フィルと来日したときに聴いたブラームスの1番なんかは中々堂々としていました。でも、この人は昔からスペイン物で知られています。この若い時代の演奏も彼の代表盤といえます。やはりスペインの雰囲気がよく出ていて上手いものです。

Falla002 ラファエル・フリューベック・デ・ブルゴス指揮スペイン国立管(1998年録音/BMG盤) DECCA盤があれば鑑賞にはこと欠きませんが、不満を言うとすれば、オケの音に土臭さが無いことでした。そこで30年の時を超えて新録音された演奏があります。オケは嬉しいことに名門のスペイン国立響です。いやー、これこそスペインの乾いた赤土の音です。ファンファーレは闘牛場を思わせますし、メゾ・ソプラノもなんだか声楽家というよりも民謡歌手みたいです。これは120%本場ものを味わえる最高の演奏です。ただし入手性は悪いかもしれません。

Falla001 ペドロ・デ・フレイタス・ブランコ指揮マドリード・コンサート管(1959年録音/EMI盤) ずいぶん古い本場ものの録音です。指揮者もオーケストラも名前はまったく知りませんし、読み方もこれでいいのかどうか分かりません。もともと乾いた音のオケが残響の少ない録音で、実に乾き切っています。けれどもこのローカルな味わいには惹かれます。このメゾ・ソプラノもドスのきいた声で演歌歌手みたいです。現在では、たとえローカル都市でもこんな演奏が聴かれるのかどうかは疑問ですね。いいなぁ、スペイン!フラメンコ!ジプシーの美女!

|

« テンシュテット/ロンドン・フィルのライヴ盤 マーラー交響曲第2番「復活」 | トップページ | ドヴォルザーク 交響曲全集 ウラディミール・ヴァーレク/プラハ放送響 »

ファリャ、ロドリーゴ、他スペイン音楽」カテゴリの記事

コメント

夏には、スペインもの
思わず、うなづいてしまいました(笑)
ほんとにそうですね。

「三角帽子」はけっこう気に入ったものが
あって、愛聴してますが、
「恋は魔術師」、まだ知りません。

恋は魔術だってことは知ってますが(笑)

楽しそうですね、こんど聴いてみます。

投稿: 四季歩 | 2010年7月19日 (月) 20時55分

四季歩さん、こんばんは。

「三角帽子」もいいでよね。でも、個人的には「恋は魔術師」が更に好きです。ぜひお聴きになられてみてください。

本当に恋は「魔術」にも「天使の業」にも「悪魔のささやき」にも成りますよね。同感です。(笑)

投稿: ハルくん | 2010年7月19日 (月) 21時53分

コンクールで吹く事になりましたが、「火祭りの踊り」は、悪霊を焼き払っていろシーンだそうです!

木管の編成なんですが・・・・
Flu1 Cla1、2
B,cla B,sax
S,sax T,sax
です。

投稿: unknown | 2011年12月17日 (土) 15時30分

unknownさん、コメントありがとうございます。

「火祭りの踊り」は、炎の前で行う悪魔祓いの儀式の音楽だそうですね。本当に愉しい曲ですね。
コンクール、頑張って下さいね。陰ながら応援していますので。

投稿: ハルくん | 2011年12月18日 (日) 22時38分

浅田真央ちゃんが2016-2017シーズンの、ショートとフリーで「火祭りの踊り」を使うそうですね。
またCDがすごい勢いで売れるのでは。

投稿: くま | 2016年6月30日 (木) 00時26分

くまさん、こんばんは。

真央さん、今シーズンはファリャと来ましたね!
スパニッシュダンスを取り入れた情熱的な演技に期待したいです。
「火祭りの踊り」見直されることでしょうね。それも楽しみです!

投稿: ハルくん | 2016年7月 1日 (金) 00時19分

ハルくん様

いよいよ梅雨入りしましたね。関西でも蒸し暑い日々が続いています。
梅雨時は体調を崩しやすい時期です。ハルくん様もお身体には十分ご注意下さい。

さて、ハルくん様も書いておられるように、暑い時期は僕もバッハの受難曲やワーグナーのオペラを聴くという労働(?)は避けて、スペインのアンダルシア地方の音楽(特にフラメンコ)を聴きたくなります。もっとも若い頃はアレグリアスやブレリアスのような陽気な音楽が好きでしたが、今ではシギリージャスやタランタスのようなデモニッシュな曲に惹かれます。

こうしたスペインの伝統芸能を音楽的に昇華させたのが、ファリャでしょう。
ファリャはスペインの大作曲家と呼ばれていますが、それ程多くの曲を残していません。しかし僕は、「恋は魔術師」「三角帽子」「スペインの夜の庭」などファリャの音楽は全て好きです。
ハルくん様が取り上げておられる「恋は魔術師」の愛聴盤は、

 マルケヴィチ/スペイン放送交響楽団

です。

マルケヴィチはアーティキュレーションやアクセントの付け方が不自然だという批判をよく耳にしますが、忘れてはいけないのは、彼は指揮者である前に、有能な作曲家であった事実です。作曲家である以上、他人の音楽を演奏する際、作曲者は何を考えてその音を置いたか、何を表現したくて強弱記号や速度指定を書き込んだのか、常に考えるはずです。これは、いつ、いかなる時も音楽から離れることのできない作曲家の”業”だと思っています。
そして、作曲家が作曲者の意図するものを理解した時、稀有な名演が生まれるのではないでしょうか。(例えば、バーンスタインとマーラー、ブーレーズとヴェーベルン等)
この点、マルケヴィチの場合、僕はバレエ音楽だと思っています。事実、彼は「イカロスの飛翔」や「レブス」などのバレエ音楽を作曲しています。
「恋は魔術師」でも「情景」の章でかなり特異なアクセントを付けて演奏していますが、これはシギリージャス特有のリズムであって、譜面を読むと確かにファリャはそう書いています。

時には譜面をみながら音楽を聴くと新たな発見ができ、クラシック音楽の鑑賞もさらに楽しくなると思っています。

また長々と書いてしまいました。最後までお読みいただき感謝いたします。

投稿: motosumiyosi | 2017年6月10日 (土) 11時50分

motosumiyosiさん、こんにちは。
いつもコメントをありがとうございます!

暑い時期にスペインの音楽はとっても似合いますよね。それにしても随分とお聴きになられていますね。機会あれば色々と聴いてみたいです。

マルケヴィチ/スペイン放送響の演奏は聴いたことが有りませんが、間違いなく良いでしょうね。マルケヴィチは結構な数の録音を残した割には、それほど話題に上がらないのが気の毒です。まあそういう演奏家は大勢いますけれど。
改めて聴き直してみたいです。

投稿: ハルくん | 2017年6月11日 (日) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/35793059

この記事へのトラックバック一覧です: ファリャ バレエ音楽「恋は魔術師」 愛聴盤 ~火祭りの踊り~:

« テンシュテット/ロンドン・フィルのライヴ盤 マーラー交響曲第2番「復活」 | トップページ | ドヴォルザーク 交響曲全集 ウラディミール・ヴァーレク/プラハ放送響 »