« ブルックナー 交響曲第6番イ短調 名盤 | トップページ | マーラー 交響曲第7番ホ短調「夜の歌」 名盤 »

2010年3月22日 (月)

アンスネス&ノルウェー室内管弦楽団 日本公演

Ans00011

土曜日夜中の凄まじい春の嵐も治まったので、作日はレイフ・オヴェ・アンスネスのコンサートを無事に聴きに行けました。会場は新宿のオペラ・シティです。アンスネスを実演で聴くのは初めてなのですが、彼のデビュー直後の録音のグリーグのピアノ協奏曲やシューマンの独奏曲はとても気に入っていました。何しろ音楽的なセンスが抜群だったからです。その彼もいまや40歳になって、今回はノルウェー室内管を弾き振りしてのモーツァルトのピアノ協奏曲ということですので、聴き逃せませんでした。しかも、とっても心が弾むプログラムです。モーツァルトが生れ故郷のザルツブルクでのコロレド司教の官僚的な監督下からやっとのことで離れられて、音楽の都ウイーンに移り住んだ頃の傑作作品を並べているので実に魅力的です。これはもう、聴く前から期待で一杯になってしまいます。演奏曲目は順番に変更が有りましたので、実際には次の通りでした。

①モーツァルト:交響曲第35番「ハフナー」K.385

②モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番K.488

③グリーグ:「ホルベルク組曲」

④モーツァルト:ピアノ協奏曲第24番K.491

このコンサートがユニークなのは、2曲のピアノ協奏曲はアンスネスがピアノを弾きながら指揮をしますが、交響曲「ハフナー」とグリーグは指揮者無しでコンサート・マスターのイザベル・ファン・クーレンがリードします。

そして、その実際の演奏ですが、「ハフナー」でまず気が付いたのは、ほとんどノンヴィブラート奏法である事です。これはやはり古楽器を意識しての演奏なのでしょう。ヴィブラートを行わないとどうしても「音の痩せ」につながりますから、その分を速いテンポで、アクセントを強くつけていました。その結果、躍動感の有る音楽を聞かせてくれました。ただし指揮者がいないことによって、アンサンブルの自発性は生れますが、逆に細部の表現付けにやや物足りなさを感じてしまいます。

2曲目のピアノ協奏曲第23番ですが、僕はこの曲は最後の第27番と並んで大好きです。アンスネスの指揮ぶりはオーソドックスですが、アクセントと表情に随分と気を使っているのに、しばしばハッとさせられました。そしてピアノ独奏ですが、16分音符を全てかっちりと聞かせるドイツ/ウイーンの伝統的な弾き方ではありません。といって現代的に快速で音符をパラパラッパラッと弾き飛ばす弾き方でもありません。どちらか言えば後者に近いのですが、アンサンブルと溶け合うような目立ち過ぎない柔らかい音なので好感が持てます。曲そのものをじっくり味わうことができました。それにしても23番は良い曲です。休憩後の第24番も弾き方は同じです。ただし曲の性格から、更にデモーニッシュな面が強調されても良かったかな、とは思いました。

1曲だけグリーグの「ホルベルク組曲」が有りますが、これは母国ノルウェーの作曲家の作品という事でサービスでしょう。演奏は弦楽のみですが、さすがに素晴らしかったです。メンバーが自発性に溢れて力強く、かつ自然に弾き切っていて、「ああ、これがお国ものというものだなぁ」と感じ入りました。

アンコールは2曲でした。1曲目はモーツァルトのピアノ協奏曲第14番の第3楽章です。この、まるで初期の作品のようなシンプルかつチャーミングな曲も良いですね。2曲目は、アンスネスの独奏でショパンの嬰ハ短調ワルツでした。あっさりとさりげなく弾いているのに、とても味わいのあるセンスの良さに感心します。彼のピアノ・ソロ・コンサートを聴きたくなってしまいました。

|

« ブルックナー 交響曲第6番イ短調 名盤 | トップページ | マーラー 交響曲第7番ホ短調「夜の歌」 名盤 »

モーツァルト(諸々その他)」カテゴリの記事

コメント

ハルくんさん、こんばんは。

記事を拝見して 驚きました!昨日のアンスネスのコンサート、私も聴きに行っていましたよ。
 
アンスネスは、グリーグのピアノ協奏曲を聴いていつか実演で聴いてみたいなあと思っていたのでした。私も今度は 彼のピアノ・ソロを聴いてみたいです。

投稿: ANNA | 2010年3月22日 (月) 20時22分

ANNAさん、こんばんは。

ANNAさんも昨日のコンサートに来ていらしたのですか!いやー驚きですね。案外とお隣の席に座っていたとか??(笑)

グリーグのピアノ協奏曲のCDは素晴らしいですよね。僕のは旧盤のほうなのですけれど大好きです。ほんとにソロも聴いて見たいですね。ショパン良かったですものね。


投稿: ハルくん | 2010年3月22日 (月) 21時01分

ハルさん、こんばんは。

実は私もこのコンサートへ行こうと思っていました。しかし、実は昨日まで約1週間程ウィーンとプラハへプライヴェートで旅行していた為、このコンサートへ行けませんでした・・・。

感想を拝見していると、なかなかいいコンサートだったみたいで、羨ましいですhappy01

投稿: たろう | 2010年3月23日 (火) 23時29分

たろうさん、こんばんは。

南の国に居られるかと思っていましたら、なんとウイーンにプラ~ハ旅行でしたか。
そりゃ、羨ましいのはこちらのほうですョ!
ところで、現地では音楽界をお聴きになる機会は有りましたか?

投稿: ハルくん | 2010年3月24日 (水) 00時00分

いいプログラムですね。こういう品の良いプログラムを月3回くらい聴きたいものです。

投稿: かげっち | 2010年3月24日 (水) 12時48分

かげっちさん、こんにちは。

センスと品の良いプログラムは嬉しいですが、月3回というのはちょいと贅沢というものでは? まあ年に3回がいいところでは無いかと・・・・

投稿: ハルくん | 2010年3月24日 (水) 23時11分

ハルさん、こんばんは。
いずれ、またじっくり報告させて頂きたいですが、とりあえず旅行中4日間コンサートへ行きました。

①ウィーン国立歌劇場のR・シュトラウスの『アラベラ』
②ウィーン・アカデミー定期演奏会
 (これは古楽器のオケです。ウィーン少年合唱団が共演してました)
③プラハ交響楽団定期演奏会
④チェコ・フィル定期演奏会

①は、ウィーン国立歌劇場、②はムジークフィラインザール、③はスメタナホール、④はドボルジャークホールで聴きました。

本当に音楽三昧の1週間でした。

と、テーマと全くコメントで恐縮です・・・sweat01

投稿: たろう | 2010年3月24日 (水) 23時56分

たろうさん、こんにちは。

いえいえ別にテーマと異なっても構いませんよ。それにしても正に音楽三昧ですでしたね。羨ましい限りです。
あ~僕もヨーロッパに音楽を聴きに行きたい!美味しいビールを飲みに行きたい!美しい女性を見に行きたい!あれっ??(笑)

投稿: ハルくん | 2010年3月25日 (木) 07時46分

良い演奏は旨い味噌汁と同じように常に近くありたい、と勝手に妄想しているだけですcapricornus
昔の貴族のように食卓の音楽のため楽隊を養うわけにもゆかないですしね。
月3回行けるくらいの生活の余裕もほしいです。

投稿: かげっち | 2010年3月25日 (木) 13時04分

かげっちさん、こんにちは。

食卓音楽の為に楽団を雇うなんてのは昔の王侯貴族の話ですね。現在なら高級オーディオで事足りるでしょうし、個人的には良い音楽会へ月に1度でも行ければ文句は有りません。贅沢を言ったらキリが有りません。
ですので日本人はクロマグロを食べ過ぎてはいけません。ってカンケイ無い??(笑)

投稿: ハルくん | 2010年3月25日 (木) 23時23分

月何回どころか年3回くらいという現状が情けないです。人員は減るのに仕事は増える一方です。

投稿: かげっち | 2010年3月26日 (金) 12時39分

かげっちさん、こんばんは。

なるほど、理想と現実のギャップは大きいですね。でも人員が減って仕事が増えるのは、今の時代の趨勢ですよ。お互いに頑張りましょう。

投稿: ハルくん | 2010年3月26日 (金) 23時56分

ハルくん、こんばんはnight

超お久しぶりですheart04heart04heart04メチャクチャ元気にしてますよheart04heart04
モーツァルトのコメントは何と初投稿になりますよo(`▽´)oheart04heart04heart04
高校生の頃にモーツァルトの本を買っていてそれを読んだことがありますよ~heart04heart04heart04(小学館か何かの伝記漫画だと思うsign01)私が中学生時代にディズニーランドで、乗り物のアトラクションに乗っていたら、そこには何と(?_?)画面が18世紀のヨーロッパに大変身shineshineモーツァルトが7歳のお誕生日birthdayを迎えているシーンで、
モーツァルト「あっsign01あそこに変なのがいるよsign01
っとドイツ語で話してましたsign03sign03sign03
私は何言ってるかわからんっと思っちゃいましたね~。
モーツァルトの音楽はなーんと音が高く、疲れが癒しちゃいますね(*^▽^*)って話が変わりますが、ヴィヴァルディの小説『ピエタ』の本をゲットしちゃいました(*^▽^*)早速読んでますよheart04いつ読んでもメチャクチャ感動どころか涙がポロポロこぼれてしまいます(^_^)v

投稿: 上原よう子 | 2012年12月 6日 (木) 22時00分

よう子さん、こんばんは。

ヴィヴァルディもモーツァルトも本当に美しい音楽を作りましたからね。

「ピエタ」の本をゲットおめでとう!
感動以上の感動、良かったです。

投稿: ハルくん | 2012年12月 6日 (木) 23時42分

ハルくん、おはようございます(*^∇^*)今朝はメチャクチャ冷えますねsnowsnow
高校生の頃に音楽教師高橋先生にモーツァルトの本を貸した事がありますよsign03

高橋先生「瑶子ちゃん、何読んでるの」

よう子「作曲家のモーツァルトの本を読んでるのですよheart04いい本でしょうsign03良かったら貸してあげますよo(`▽´)oheart04
高橋先生「本当にそれではモーツァルトの本を借りようかなぁsign01sign03先生、モーツァルトに興味あるしsign01sign03

よう子「それはよかったheart04heart04私はモーツァルトの本をもう一冊あるのでheart02heart02

音楽教師高橋先生にモーツァルトを貸したのは確か高校2年生の頃でしたsign01sign03返してもらったのはその翌日の事でしたheart02
高橋先生「瑶子ちゃん、モーツァルトの本、とても面白かったよsign01sign03そしてありがとうねshineshineshine

ってねo(`▽´)o

投稿: 上原よう子 | 2012年12月 7日 (金) 06時19分

ハルくん、こんばんはnight

今夜はメチャクチャ冷えますね~snowsnowsnowモーツァルトの音楽はメチャクチャ美しいですが、1つだけ気になることがありますsign01sign03「下ネタ」です(」゜□゜)」sweat01ドイツ語で何言ってるかわかりませんが、日本語で略して言ってみるとメチャクチャイヤらしい言葉がビッシリですよ(内容はあまりにもエグすぎてお教え出来ませんが…。)何年か前のバラエティ番組でモーツァルトのコーナーが放送されていて、美しい簡単な曲が流れていて、ドイツ語で歌って見ると美しい歌詞に見えますが、日本語で歌ってみるととんでもない事になっていました\(☆o☆)/『オレの尻を舐めろ~notenote』ってね私は思わず、これはダメだって思いました(」゜□゜)」他の作曲家は下ネタ言ってませんが、ヴィヴァルディが娼婦の館に入り浸る生活より、モーツァルトの下ネタの方がメチャクチャイヤらしいと思っておりますsign01sign03前から気になってた事です(¬з¬)smile音楽の神童なのに、下ネタ言うのは謎ですね(*^▽^*)heart04heart04heart04heart04

投稿: 上原よう子 | 2012年12月 9日 (日) 21時40分

よう子さん、こんばんは。

僕はもちろんモーツァルトに会ったことはありませんので、本人が本当はどういう人であるかは分りません。
下ネタ好きだとは言われていますが、そうだとしても彼の書いた音楽が美しければ、それでイイのです。僕だってお酒を飲んだりすれば下ネタ大好きですからね。作曲家も鑑賞者もみんな助平で良いと思いますよ~。

すみません、これは真面目な貴女に失礼でしたね。どうぞお許しを!

投稿: ハルくん | 2012年12月 9日 (日) 23時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/33853809

この記事へのトラックバック一覧です: アンスネス&ノルウェー室内管弦楽団 日本公演:

« ブルックナー 交響曲第6番イ短調 名盤 | トップページ | マーラー 交響曲第7番ホ短調「夜の歌」 名盤 »