« ブルックナー 交響曲第5番変ロ長調 名盤 | トップページ | ショパン ピアノソナタ第2番変ロ短調op.35「葬送」 名盤 ~祝・生誕200年~  »

2010年2月27日 (土)

バンクーバーオリンピック フィギュアスケート

Photo バンクーバーオリンピックももう終盤です。オリンピックは夏冬のどちらも大好きな自分なのですが、今回はTV放送を余りゆっくり観ていません。昨日の女子フィギュアスケートも夜帰ってダイジェストで観ただけです。真央ちゃんはよく頑張りました。キム・ヨナさんはそれ以上に素晴らしかったです。けれどもこれは2人の能力の違いでは決して無いと思います。それはトリノ以降の4年間のコーチ/スタッフの「戦略」の差だと思っています。4年前にヨナさんは現役時代にトリプルアクセルを得意としていたブライアン・オーサー氏に弟子入りして「アクセルを教えて欲しい」と頼んだそうですが、ブライアンは「トリプルアクセルはリスクが有るから、それ無しでも勝てる方法を考えれば良い」と言ったそうです。そして4年間演技構成を変えずに、ひたすら完成度を高めて来ました。その見事な結実が今回のSPとフリーだったわけです。一方真央ちゃんはタラソワさんに師事して表現力を磨きました。それ自体は良かったのですが、やはり一緒に滑ることをしない(出来ない?)タラソワさんのコーチにはどうしても弱点が有る気がしてしまいます。トリノの前に荒川静香さんが、タラソワさんの師事から離れる決断をしたときに「一緒に滑ってくれるコーチが欲しい」と言ったことが忘れられません。結果、荒川さんは見事に復活して金メダルに輝きました。タラソワさんは良くも悪くも「芸術家」だと思います。難しい「鐘」というプログラムを過去何人かに挫折させても、今回真央ちゃんに挑ませました。真央ちゃんの為にプログラムを組むというよりも、自分の理想のプログラムに挑戦をさせた、という印象です。それもオリンピックイヤーに挑戦したのですから、消化するのにぎりぎり間に合った?感じです。ブライアンコーチがキム・ヨナさんがバンクーバーで勝つ為にはどうしたら良いかを4年間考え続けて、同じ基本路線を確実に実行してきたのと、どうも方法論が異なるような気がしてなりません。ですので今回はコーチの長期的な戦略対決で勝負が分かれたと思っています。4年後には再びこの2人の天才の饗宴が見られたら良いですね。それにアメリカ代表の長洲未来さんもです。長洲さん、4位入賞おめでとう!もちろん安藤美姫さんも鈴木明子さんもよく頑張りました。更に4年後を目指せ!おっと男子もだ。

以上は、どしろうとの好き勝手な感想ですので、あんまり真剣に受止めないで下さいね。

|

« ブルックナー 交響曲第5番変ロ長調 名盤 | トップページ | ショパン ピアノソナタ第2番変ロ短調op.35「葬送」 名盤 ~祝・生誕200年~  »

芸能・スポーツ」カテゴリの記事

コメント

お早うございます。フィギュア、生中継で観ました。

プルシェンコ然り、高難易度のジャンプには、も少し加点されるべき。現在アクセル跳べるのは真央サンと中野サンだけで、ヨナさんも諦めた位ですし。

でも当然の結果かと。ヨナさんは、競技を始めて以来おやつを食べた事がなく、朝昼しっかり摂って、夜はコーンフレーク等で済ます。トリノ後"カナダ"へ移住し毎日指導を受けたのに対し、米国移住も慣れずに帰国し練習は1人で滑り、コーチは直前4ヶ月来日せず基本助手任せ。

大差で負けた以上に、普段しないミスをした事が精神面でも負けたという涙だったかと。ノーミスでも勝てなかった点差ですし、負け方が...。

ラフマニノフ/鐘もイイですが、協奏曲でもガーシュイン、ショートでも現在ヨナさんしか似合わない007。エキシビジョンの滑りでコーチが閃いたそうです。

投稿: source man | 2010年2月27日 (土) 09時55分

source manさん、こんにちは。

そうですよね、女子のトリプルアクセルの点数もっと上げるべきですね。ポイント改正してほしいですね。
でも本当に今回の成績は4年間の全てがそのまま出た結果のように感じますね。真央ちゃんには酷だけど、冷静に受止めて欲しいです。日本のスケート協会もです。でもあの協会にはそこまで望めないかな。

投稿: ハルくん | 2010年2月27日 (土) 11時33分

ハルくん今晩は(-.-)y-
今回はクラシック音楽から少し離れてフィギュアスケートの話題ですね。私もフィギュア大好きで、きっかけは札幌の恋人ジャネット・リンさんの愛らしい姿に惹かれてからですね。渡部絵美さんは遅生まれ早生まれの違いはあっても、同学年でしたのでレイクプラシッド大会の彼女にテレビから応援してましたよ~!
今大会でアイスダンス優勝のカナダの若いペアはマーラー5番で素晴らしい演技を見せてくれましたし、高橋大輔選手の~道~は本当に感動的でした。映画のザンパノとジェルソミーナを思い出して泣きそうになりましたよ(ノ_<。)
フィギュアもスポーツなのですから勝たなければいけない。その為には、より高い技に挑戦すべきか、持ち技の完成度を上げていくのか、考え方や戦略は人それぞれですので、どちらが正しいと言えませんが、安全策で銀メダル(だったであろうとの予想です)の高橋大輔選手より失敗しても挑戦して銅メダルの高橋大輔選手に拍手を送りますね。真央ちゃんも同様です。織田選手も小塚選手も美姫ちゃんもアッコちゃんも、皆んながみんな素晴らしかった!
蛇足ですが、優勝したライザチェック選手のシェラザードより3シーズン前の美姫ちゃんのシェラザードが、アメリカ代表アボット選手のオルガンより、先シーズンの美姫ちゃんのオルガンの方が曲に合った演技と表現に私には思えました(^_^)v…決して身びいきではないつもり…

投稿: From Seiko | 2010年2月27日 (土) 21時03分

Seikoさん、こんばんは。

フィギュアスケートはイイですよね。僕も結構昔から好きですよ。可憐な演技も見ていて楽しいですが、伊藤みどりさんこそは「スポーツ競技」としての女子スケーターの元祖ではないでしょうか。あの後に何年間もトリプルアクセルを確実に飛べる女子は出なかったのですから。

今回は男子も素晴らしかったですね。トリノでは出場枠は一つだけ。結果も高橋君の8位ですからね。飛躍的な進歩です。

安藤美姫さんのシェラザードは本当に素晴らしかったですね。あの年はキム・ヨナさんの「揚げひばり」もとても好きでした。007よりずっと好きでしたね。

投稿: ハルくん | 2010年2月27日 (土) 23時43分

ジャネット・リン選手に地元で熱狂した世代として、冬のオリンピックの間は仕事も音楽も手につきません!個人的にはカーリングの奥深さに感心しました(前から選手のファンではありましたが)。

ハルくんさん、「鐘」を演奏したのですか!演奏機会が少ない曲ですよね。どんな歌詞なのでしょう?

浅田選手が演技で使った音楽は、最後まで重苦しいまま、しかも何度もritenutoがあるという、滑走には向かない音楽だったと思います。途中で曲想が変われば別ですが、最後までカタルシス感がなく、採点種目のフィギュアスケートには不利な音楽かと。「可憐な」イメージを変えたかったと本人は話していましたが、変えるにしても他の方向性があっただろうと思います。細身で、軽快な動きが得意なのだから、それを引き立てるような音楽にすればよかったのに。コーチが自分の思い入れを選手に押しつけてしまったのでしょうか。

もっとも音楽のことを言えば、フィギュアスケートにレクイエムを使うのも、ヨーロッパ文化のセンスから見れば「おいおい!コーチの追悼なのかい!」という感じだったかもしれません。しかも「涙」から「怒り」へという選曲は、いよいよ解せません。

ああ、冬の種目の話だとつい冷静を失ってしまう(爆)

投稿: かげっち | 2010年3月 1日 (月) 12時40分

かげっちさん、こんにちは。

札幌ご出身のかげっちさんは、やはり冬季オリンピックになると熱くなってしまうのですね。(笑)

「鐘」の詩は詳しくは憶えていませんが、人間の一生の節目節目を鐘の音になぞらえた詩だったかと。「子供」「青年」「壮年」「老年」と順を追うのですが、とっても解りにくい詩だった気がします。
この曲で振付けしたい気持は解りますが、フィギュア競技にとって、また真央ちゃんにとってベストだったかどうかは解りません。
「レクイエム」についても確かに、ですね。


投稿: ハルくん | 2010年3月 1日 (月) 23時01分

ラフマニノフ、気になって調べてみました。どうも、その合唱組曲とは全く別の、ピアノソロのための前奏曲の一つ(通称「鐘」)をオーケストラアレンジしたものが、フィギュアスケートで使われた音楽のようです。トロンボーンとチューバがふんばっている印象しか残らないアレンジでした。

投稿: かげっち | 2010年3月 4日 (木) 13時00分

かげっちさん、こんにちは。

いやー、おはずかしい。
まさか「鐘」タイトルの曲が二つも有るとは知らなかったので、てっきり昔演奏した曲だと思っていました。確かに「こんな曲も含まれていたっけかなぁ。」と疑問は有ったのですが、何しろ演奏したことも忘れていたほどですので、はっきりとした記憶も無く恥をさらしてしまいました。(苦笑)
さっそく本文から削除しました。どうもありがとうございました。

投稿: ハルくん | 2010年3月 4日 (木) 23時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バンクーバーオリンピック フィギュアスケート:

« ブルックナー 交響曲第5番変ロ長調 名盤 | トップページ | ショパン ピアノソナタ第2番変ロ短調op.35「葬送」 名盤 ~祝・生誕200年~  »