« マーラー 交響曲第3番二短調 名盤 | トップページ | ~年末ご挨拶~ ベートーヴェン「第九」 ヘルベルト・ブロムシュテットの交響曲全集から »

2009年12月27日 (日)

シネマ歌舞伎「法界坊」 ~平成中村座公演~ 

Houkaibou

年の瀬ですが、東銀座の東劇で公開されたシネマ歌舞伎「法界坊」を観て来ました。歌舞伎座を持つ松竹が歌舞伎公演をビデオ収録して、劇場で公開するという"シネマ歌舞伎"は数年前から行われています。僕はこれまでに「研辰(とぎたつ)の討たれ」と「鼠小僧」の2本を観ましたが、どちらも最高に面白くて楽しめました。二本とも中村勘三郎が主役です。今回の作品も平成中村座が昨年の11月に浅草寺境内に特設芝居小屋を設けて公演した歌舞伎作品です。舞台物はもちろん生の公演を観るのが一番なのですが、観られなかった公演を低料金で気軽に楽しめる映画というのは大変に有り難いものです。また役者の細かい演技や表情を大きく見られるという、生公演よりもむしろ優れている点も有ります。

今回の「法界坊」は、金と女が大好きという愛嬌溢れる乞食坊主(勘三郎)を中心に巻き起こされるドタバタ劇なのですが、普段歌舞伎に馴染みの無い一般の観客が観ても文句無く楽しめる抱腹絶倒の傑作芝居です。勘三郎の話芸は正に天才的ですが、脇役陣のそれぞれの演技もハマリにハマって最高です。このシネマは昨日26日が初日で、1月もずっと公開されます。その後に全国の劇場で順に公開される予定ですので、生公演を観られた方もそうでない方も、お近くで公開された時には是非ご覧になって下さい。ちなみに現在公開されている東劇は歌舞伎座の目の前、築地のほど近くに有りますので、帰りに寿司屋に寄って来るというのも大きな楽しみですよ。

|

« マーラー 交響曲第3番二短調 名盤 | トップページ | ~年末ご挨拶~ ベートーヴェン「第九」 ヘルベルト・ブロムシュテットの交響曲全集から »

歌舞伎」カテゴリの記事

コメント

これ、テレビのなにかの番組で
ちらっと見ましたが、
とても楽しそうですね。

シネマオペラがあって、見に行こうかなと
思っていましたが、
シネマ歌舞伎もあるんですね。

こんど行こうと思いましたる

投稿: 四季歩 | 2009年12月27日 (日) 21時40分

四季歩さん、こんばんは。

本当に面白いですよ。お腹が痛くなることうけあいです。それに加えてちゃんとした歌舞伎の型や舞いも結構楽しめますので絶対にお薦めします。

投稿: ハルくん | 2009年12月27日 (日) 22時42分

yahoo映画の評価では今まで見たこと無い酷評っぷり、
5人全員星1つ、で映像がぶれる、ぼやける?ようなニュアンスで汚い、
という評価で演劇の内容自体に入る以前の問題だ、
と言われているようですが、このすごいレビューを
みて気が引けてしまいましたが、どのような画質でしたか?
松竹のHPにはハイビジョンのカメラで撮影している
とあったのですが、テレビのハイビジョンと比べて
どんなものですか?

投稿: ヤマタノ | 2009年12月28日 (月) 01時42分

ヤマタノさん、はじめまして。

ヤフーのレビューを読んでみましたよ。
映画を「観た人」が1人だけなのにコメントが5人のはずは無いです。気に入らなかったマニアのお一人が5人分のレビューを書いているのでしょう。内容を読むと結局同じことが同じ表現で書かれているだけです。

但し映像は以前に観た作品よりも確かに劣りました。スクリーンサイズも以前のワイドスクリーンでは有りません。特設会場だったので機材の制限が有ったのかもしれません。それでも「醜い」などということは無いと思います。テレビのハイヴィジョンのほうが画質はずっと繊細ですが、劇場の大スクリーンの迫力はテレビでは味わい難いと思っています。

生公演を観られなかった自分がこの映画で大いに楽しめたのは事実ですし、多少の画像の問題は直に忘れて、役者の芸に入り込めました。連れの友人も全く同様でした。私の個人的な感想はブログ記事に書いたとおりです。
できればご自分の目と耳と感性でご評価されてみては如何でしょう?

投稿: ハルくん | 2009年12月28日 (月) 07時32分

>映画を「観た人」が1人だけなのにコメントが
>5人のはずは無い
なるほど。分からないですが、あまりにひどかったからmyムービーで
みた人に追加するのさえもためらわれた出来なのかな、
とも考えてしまいます。コンビニおでん買うような
金額でないので、うーむ、と考えてしまいますね。
まあ、しばらく様子見した方がいいのかな?
でも地デジ等でハイビジョンが普及してきて
いるので劇場でハイビジョンカメラ撮影した
映像を観られる、と触れ込みがあれば期待して
しまうので。貴重なご意見ありがとうございます。

投稿: ヤマタノ | 2009年12月28日 (月) 10時25分

おはようございます、ハル様。今朝一番のニュースが勘三郎さんの訃報…残念ですね。 歌舞伎を敷居の高いものから、楽しいものに変えてくれた功労者ですものね。 57歳早すぎる死でした。私よりちょっとお兄さん。ハル様とは同年代ですね。 ハル様も健康にはどうぞ留意し過ぎるくらいでいてくれて欲しいです。 コメントへの返答も律儀過ぎる貴殿に老婆心ながら、あえて言わせて頂きました。
勘三郎さんに合掌…

投稿: from Seiko | 2012年12月 5日 (水) 08時58分

Seikoさん、こんばんは。

勘三郎さんの様態がかなり悪いとは聞いていましたが、亡くなるとは思いませんでした。
他の役者さんの代わりは居ても、この人の代わりになれる人って絶対に居ませんからね。
つくづく稀有な才能の持ち主だったと思います。それがあの若さで・・・
勘三郎さんは僕と同じ年の生まれですから、芸の道はいよいよこれから最円熟の段階ですものね。残念でなりません。

僕の体調までお気づかい下さりありがとうございます。天才は早死にでも凡才は長生きでしょうから、自分は大丈夫ですよ。(笑)

投稿: ハルくん | 2012年12月 5日 (水) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/32753366

この記事へのトラックバック一覧です: シネマ歌舞伎「法界坊」 ~平成中村座公演~ :

« マーラー 交響曲第3番二短調 名盤 | トップページ | ~年末ご挨拶~ ベートーヴェン「第九」 ヘルベルト・ブロムシュテットの交響曲全集から »