« ~恋人に捧げるコンチェルト~ 「ラヴァーズ・コンチェルト」 サラ・ヴォーン | トップページ | リヒャルト・ワーグナー 楽劇「トリスタンとイゾルデ」全曲 名盤 ~禁断の恋~  »

2009年9月 6日 (日)

2009ミラノ・スカラ座日本公演 ヴェルディ 歌劇「ドン・カルロ」 他CD名盤

Story04

イタリア・オペラの最高峰 ミラノ・スカラ座歌劇場が現在日本公演を行っています。演目はヴェルディの「アイーダ」と「ドン・カルロ」の2つですが、大変運の良いことに「ドン・カルロ」のゲネプロを観ることが出来ました。ゲネプロと言っても舞台装置や歌手の衣装は本番と同じですので、ほとんど本番を鑑賞している気分です。オーケストラ団員は普段着で演奏しますが、どうせピットの中ですので気にもなりません。

一口に「オペラハウス」と言っても、ドイツのベルリン、ドレスデン、ミュンヘン、オーストリアのウイーンなどの主要都市にはモーツァルト、ワーグナー、Rシュトラウスなどのドイツオペラを得意とする歌劇場が有りますし、あるいはバイロイトにはワーグナー専門の祝祭劇場が有ります。これらは中々どこが一番だとは決められないと思います。けれどもイタリア・オペラの場合にはイタリア国内に多くの歌劇場が有りますが、名実共に最高峰はミラノ・スカラ座歌劇場であると相場が決まっています。彼らはドイツ・オペラなども多く上演を行いますが、文句無く素晴らしいのはやはりお国もののヴェルディやプッチーニのイタリア・オペラです。

Doncarlo01 さて、今回「ドン・カルロ」を指揮するのは、イタリアのダニエレ・ガッティです。僕はこの人の演奏はそれほど聴いていませんが、レスピーギの交響詩「ローマ三部作」などは、トスカニーニの大迫力には一歩譲るものの、繊細で詩情に溢れたとても良い演奏でした。オペラについても、この「ドン・カルロ」はミラノで大絶賛されたようですのでとても楽しみでした。

Story03

「ドン・カルロ」には全4幕構成の慣例版の他に、カルロとエリザベッタが婚約時代にパリのフォンテーヌブローの森で出会うシーンを第1幕に置いた全5幕フランス語版、イタリア語版が存在しますが、この公演は全4幕慣例版での上演でした。演出はシュテファン・ブラウンシュヴァイクです。昨年ミラノでプレミアが行われた新演出だそうですが、伝統的な派手で大掛かりな装置とは無縁ですが、かといって現代的な奇抜で飛躍し過ぎな演出でもありません。それは淡い色彩感と光の陰影とを上手に使った「詩的」で「演劇的」な舞台です。登場人物の心の中や懐古シーンを、舞台の背景に二重に再現してみせるあたりも非常にユニーク。とても美しくセンシティヴな演出でした。

歌手陣はさすがに粒よりです。ルネ・パーぺ(フィリッポ2世)、アナトーリ・コチェルガ(宗教裁判長)、ダリボール・ヴァルガス(ロドリーゴ)はいずれも素晴らしく、バルバラ・フリットリ(エリザベッタ)も人気に違わぬ声と表現力を聴かせてくれました。一つだけ気になったのは主役のラモン・ヴァルガス(ドン・カルロ)でしょうか。テノールの輝くハイトーン部分での声量にやや不足感を感じました。この人はむしろ静かに優しく歌う時の声のほうが魅力的だったように思います。ただ本公演では更に声が出るのかもしれません。それともうひとつ、背が小さい!父のフィリッポ2世や家来で親友のロドリーゴより小さいのは良いとしても、エリザベッタよりもずっと小さいのが気になりました。カルロは確かに英雄的な人物では無く、思い悩めるキャラクターなのではありますけどね。

ダニエレ・ガッティの指揮は大変気に入りました。この人は情熱的で切れの良いトスカニーニやムーティのような要素を持ちながらも、非常に繊細で情感の有る音を出すように感じます。終幕のフィリッポ2世の「彼女は決して私を愛していなかった」など非常に深みのある表現で素晴らしかったです。また歌手と合唱と管弦楽の音をまろやかにブレンドするあたりの能力にも非凡さを感じます。もっと多くのオペラを振って欲しいですね。いずれはイタリアNo.1マエストロに成れる可能性を持っていると思います。

せっかくですので、このオペラのCD愛聴盤のご紹介もしておきます。

Cci00018 ガブリエーレ・サンティー二指揮ミラノ・スカラ座歌劇場(1961年録音/独グラモフォン盤) 僕は現在CDは全5幕イタリア語版の一種類しか所有していません。けれども、この録音はボリス・クリストフのフィリッポ2世、バスティ二アーニのロドリーゴ、ステッラのエリザベッタ、コッソットのエボーリ公女などの最高の歌唱の数々を聴くことが出来る素晴らしい録音で非常に気に入っています。イタリアの名匠サンティー二の指揮もミラノ・スカラ座管弦楽団を完全に手中に収めていてイタリア・オペラの粋を思う存分に味合わせてくれます。

|

« ~恋人に捧げるコンチェルト~ 「ラヴァーズ・コンチェルト」 サラ・ヴォーン | トップページ | リヒャルト・ワーグナー 楽劇「トリスタンとイゾルデ」全曲 名盤 ~禁断の恋~  »

ヴェルディ(歌劇)」カテゴリの記事

コメント

ミラノ・スカラ座の歌劇「ドン・カルロ」の公演に行かれたのですね!私も行きたかった!しかし、あの高額な入場料と交通費を考えると手が出ません。
スカラ座のヴェルディの公演は私にとって特別なものです。大昔、スカラ座の2度目の来日公演の歌劇「ナブッコ」をかなり無理して東京まで観に行きました。有名な「飛んで行け、わが思いよ、金の翼に乗って」の素晴らしいコーラスは今も忘れる事が出来ません。

歌劇「ドン・カルロ」の録音ではカラヤンやムーティの録音が有名ですが私もサンティー二指揮ミラノ・スカラ座歌劇場での録音(ドイツ・グラモフォン盤)が最高だと思っています。CDは残念ながら今まで大掛かりなセットでの発売のみで単独での発売が無いのが残念でたまりません。私はCDの時代である現在でも、まだレコードで、この録音を聴いています。はやく単独でのCDの発売をお願いしたいものです。

投稿: オペラファン | 2009年9月 6日 (日) 22時59分

オペラファンさん、こんにちは。

オペラ公演のチケットは本当に高いですよね。まあイタリアまで行く飛行機代を考えれば高くは無いのかもしれませんが。

そうなのですよ。サンティー二の「ドン・カルロ」はセット物でしか買えないのです。どうしてでしょうね。こんなに素晴らしい演奏なのに全くもって不思議です。
しっかりせいグラモフォン!

投稿: ハルくん | 2009年9月 6日 (日) 23時45分

すごいですね、ゲネプロを見たなんて!
ある意味、本番よりも面白いのでは。

私の持っている「ドン・カルロ」は、
2006年新国立劇場オペラハウスで
演じられたものです。
エリザベッタを大村博美さんが演じたものです。
あれも、フォンテーヌブローの森の場面の無い
慣例版でした。

このオペラ、すごくいいですよね。
好きです。

投稿: 四季歩 | 2009年9月 7日 (月) 20時36分

四季歩さん、こんにちは。

本番よりも面白いと言うことも無いとは思いますが、トスカニーニの「椿姫」について面白い話が有ります。マエストロは非常に怖いので、出演者たちがゲネプロではリラックスして歌い演奏していたにもかかわらず、本番では緊張でガチガチになってしまったそうです。両者の演奏は本番の録音盤とゲネプロ盤とで比べる事ができますが、明らかにゲネプロ盤のほうが伸びやかで魅力的な演奏です。このことは山崎浩太郎さんがよく記事を書いておられます。そんな場合もあるのですね。

2006年の新国立劇場公演ですね。あれも観に行きましたよ。更に光と影の陰影を使ったシンプルな舞台でしたが、なかなか好きでした。

投稿: ハルくん | 2009年9月 7日 (月) 23時07分

ハルくんさん、こんにちは。saraiです。
saraiのブログにもお越しいただき、ありがとうございました。
今回のスカラ座公演の様子はブログに書いたとおりですが、これまでのビデオではHI-VISIONで放映されたシャトレ座のパッパーノ=パリ管、アラーニャ、マッティラ、ファン・ダム、マイヤー、ハンプソンが超豪華版で演出・装置・衣裳もお洒落で大変感銘を受けるものでした。(フランス語版です、)特にマッティラのエリザベッタは意外にも素晴らしいものでした。残念ながら、メトでの(我が愛する)フレーニのエリザベッタよりもマッティラが素晴らしかったと思います。
因みにエリザベッタはそれでも今回のフリットリが最高でした!!
では、また。

投稿: sarai | 2009年9月10日 (木) 12時49分

saraiさん、こんばんは。

パッパーノのフランス語版は珍しいですよね。バレエも入っていましたか?

それにしても今回のフリットリのエリザベッタは素晴らしかったですね。惚れた王子が禁断の恋に陥るのも無理の無いところです。(笑)

投稿: ハルくん | 2009年9月10日 (木) 23時45分

ハルくんさん、こんにちは、saraiです。
「ドン・カルロ」はオリジナルはフランス語版ですが、フランス語版の「ドン・カルロス」は結構珍しいようですね。そんなに違和感はなく、よかったですよ。
それに少し1幕目にカットはありましたが、5幕物です。残念ながら、第3幕のバレエはカットです。それでも、十分長いですけどねえ。
フリットリは天上の人で、あまり見栄えのよくないヴァルガスは地上の人で、所詮、釣り合わない恋って感じにも見えました(笑)。
来年のトリノでのフリットリが楽しみです。料金も安いようだし・・・

投稿: sarai | 2009年9月12日 (土) 08時12分

saraiさん、こんにちは。

そうですねオリジナルはフランス語版ですものね。それぞれを楽しめば良いでしょうね。

まあヴァルガスというよりカルロ王子自体がだらしない男のキャラですからね。父親に彼女を奪われる、ロドリーゴに助けられないと何も出来ない、歯向かっても直ぐに剣を放してしまう、最後は見かねて墓から出てきたお祖父ちゃんに助けられる、ですからね。(大笑)

投稿: ハルくん | 2009年9月12日 (土) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2009ミラノ・スカラ座日本公演 ヴェルディ 歌劇「ドン・カルロ」 他CD名盤:

« ~恋人に捧げるコンチェルト~ 「ラヴァーズ・コンチェルト」 サラ・ヴォーン | トップページ | リヒャルト・ワーグナー 楽劇「トリスタンとイゾルデ」全曲 名盤 ~禁断の恋~  »