« レッド・ツェッペリン 「LED ZEPPELIN Ⅱ」 ~ハードロックの巨人~ | トップページ | ザ・ローリング・ストーンズ 「レット・イット・ブリード」 ~キング・オブ・ロックバンド~ »

2009年8月19日 (水)

キング・クリムゾン 「クリムゾン・キングの宮殿」 ~キング・オブ・プログレッシヴ・ロック~

Cci00013_2 夏休みも終わったので、サマー特集はこれ位にしてクラシックに戻ろうかと思ったのですが延長です。1955年前後に誕生して驚くべき速さで進化してきたロックミュージックでしたが、1970年近くになると「ロック」の枠さえも飛び出して様々な新しい試みを目指した前衛的なロックが現れました。「プログレッシヴ・ロック」です。ピンクフロイド、ナイス~ELP、YESあたりが代表格に上げられますが、やはりキングの座はその名の通りキング・クリムゾンでしょう。1969年リリースのデヴューアルバム「クリムゾン・キングの宮殿」の衝撃はとてつもないものでした。彼らはメンバーを刻々と変えて多くのアルバムを生み出し、その中には多くの人が最高傑作に上げる「RED」も有りますが、歴史的観点から見たときにはこのデヴューアルバムこそが最も重要な作品です。これは間違いなくロック史の5指に数えられる名作でしょう。それにしても1969年にこれほどのアルバムが存在したとは正に驚きです。

曲目は順に、1.「21世紀の精神異常者」 2.「風に語りて」 3.「エピタフ(墓碑銘)」 4.「ムーンチャイルド」 5.「クリムゾン・キングの宮殿」

彼らが後に進むメタル・ヘヴィー・ロックの先駆けとなる作品は第1曲のみです。中間部は一転、激しくジャズもしくはフュージョン的になります。第2曲以降はある種の退廃的な雰囲気を漂わせた叙情的な名曲が続きます。とりわけ「エピタフ」の深々としたロマンの美しさは想像を絶しています。このアルバムでは後にEL&Pに参加するグレッグ・レイクがヴォーカルを取っているのも特徴的です。優秀なベーシストでいながら彼が甘い声でロマンティックに歌いあげると非常に音楽が優しく聞こえるようになります。

それにしてもこのアルバムのジャケット絵も一度見たら忘れられません。名作の名ジャケットと言えます。

|

« レッド・ツェッペリン 「LED ZEPPELIN Ⅱ」 ~ハードロックの巨人~ | トップページ | ザ・ローリング・ストーンズ 「レット・イット・ブリード」 ~キング・オブ・ロックバンド~ »

音楽(ロック)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。m(_ _)m

Fillmore公式盤「エピタフ」はキンキンした音質が合わず売却。
Epitaphなんて、ホントすごい演奏なのに。(ToT)
よって「Night Watch」は買わず、Boot盤を愛聴。
Crimsonの美しさが好きなので先日Islands購入も未聴デス。

Zepの1st/2nd、MilesのSilent Way/Brew、Crimson、Abbey Road...
1969年は史上最高の年と思ってマス。

投稿: source man | 2009年8月20日 (木) 00時42分

source manさん、こんばんは。

Fillmore「エピタフ」は、録音が貧弱過ぎますね。あれではちょっとですね。「Night Watch」のほうが遙かに音は良いです。
でも僕はライブなら「USA」が好きです。録音も演奏も良いですし、リマスターでは収録曲目も増えましたし。
「RED」までのスタジオ盤は全て好きです。「宮殿」と「RED」が双璧だとは思いますが。

投稿: ハルくん | 2009年8月20日 (木) 22時55分

再びこんばんは。

早速HMVのsiteで「USA」チェック→魅惑のset listデスっ。
でも...曲増えても、Easy Moneyはfade outのまま...何故?
DGMLive.comでオーヴァーダブ無し完全版をダウンロードできるんデスね。

投稿: source man | 2009年8月21日 (金) 00時22分

source manさん、こんばんは。

「Easy Money」のフェイドアウトについてはオリジナル盤に忠実だったということでしょうか。しかしこれだけ曲が増えると別のアルバムのようにも感じますけどね。しかもエンディングが名曲「Starless」ですから。僕としては大満足です。

投稿: ハルくん | 2009年8月21日 (金) 20時30分

こんばんは。実はロック好きなdokuohです。ハルくんさんが上げられているアルバムは全て大好きです。

さてキング・クリムゾンといって黙っているわけには行きません(笑)。

このアルバムはロック史5本の指に入る傑作だと思います。「クリムゾン・キングの宮殿」などわけもわからず涙が出てしまうくらい感動します。メロトロンの音が哀愁あっていいですね。

そういえば、モルゴーアSQが21世紀の精神異常者を弾いてましたね。すごいカッコよかったです。楽譜があれば演奏してみたい!

投稿: dokuoh | 2009年8月23日 (日) 22時53分

dokuohさん、こんにちは。

おおっ、dokuohさんがロック好きとは知りませんでした。しかもKクリムゾン・ファンとは!ロック史の5指に入る傑作という意見にも全面的に賛成頂けて嬉しいですね~。
ロック特集をこのままずっと続けたくなってしまいます。(笑)

投稿: ハルくん | 2009年8月24日 (月) 00時44分

ハルさん
ロックのコメントもあるんですね。参りました。
クリムゾン、ストーンズ、ツェッペリン、私もよく聴きました。今もたまに聴きます。クラシックとロックは共通点があるのでしょうか?何か不思議ですね。
マイナーですが、私の好きなロックシンガー 紹介します。
よかったらどうぞ。YouTubeで見てみて。
ステファニー (アグネスラムの次のクラリオンガール)
ちょっとマイナーで古かったですね、ごめんなさい。

投稿: DICK | 2013年4月24日 (水) 03時01分

DICKさん、こんばんは。

僕は昔は”完全無欠のロックンローラー”でしたよ。今では”欠点だらけのクラシッカー”ですけど。(笑)
クラシックとロックの共通点は、同じ音楽だということですね。ジャズもタンゴも歌謡曲も。
音を楽しめれば全て音楽ですよね。

ステファニーって知りませんでしたが、何人も居るのですね。元モデルのステファニーのことですよね。
現在の若いステファニーという子にも興味が湧いてしまいました。

投稿: ハルくん | 2013年4月25日 (木) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キング・クリムゾン 「クリムゾン・キングの宮殿」 ~キング・オブ・プログレッシヴ・ロック~:

« レッド・ツェッペリン 「LED ZEPPELIN Ⅱ」 ~ハードロックの巨人~ | トップページ | ザ・ローリング・ストーンズ 「レット・イット・ブリード」 ~キング・オブ・ロックバンド~ »