« ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」 名盤 ~アルプスへの旅~  | トップページ | ストラヴィンスキー バレエ「春の祭典」 ライプチッヒ・バレエ団DVD 他 »

2009年6月 4日 (木)

モーツァルト ミサ・プレヴィス集 ~ハルくんのザルツブルクへの旅~

さて、フーテンのハルくんのオーストリアの旅ですが、このままリンツでブルックナーを聴き続けようかどうしようか迷いましたが、結局は西への車窓の旅を選択しました。到着したのはザルツブルクです。実はハルくん、この街には3年前に一度訪れていますので、この記事は実話に基づきます。
(写真はクリックしてもらうと大きくなります)

P1000718_2 
モーツァルトの生れた街として有名なザルツブルクですが、夏に開催される音楽祭もまた余りに有名ですね。街中を挙げて、というよりは国を挙げて盛り上がりますので、それこそ世界中から大勢の音楽ファンが集まって来ます。ですがハルくんの訪れたのは晩秋でしたので、そんな盛り上がりは見られませんでした。ザルツブルク駅から地図を見ながら歩いて30分ぐらいでしょうか、街の真ん中を流れるザルツァッハ川の向こう側に旧市街が見えてきます。モーツァルトが生れたのはこの旧市街です。そしてこの旧市街は街ごとユネスコの世界遺産に登録されています。

P1000689

街の中に入ってみるとあらゆる建物が昔の姿のまま保存されているのですが、まあ何というかまるで「おとぎの国」なのです。有名な観光地だけあって、この時は音楽祭でもクリスマス市でも無いのに通りは相当な数の観光客が歩いていました。市場には多くの屋台が並んでいましたので、ハルくんは地元の食べ物とビールをたらふく味わってすっかりご機嫌となりました。

P1000692

街のほぼ中心部にモーツァルトの生家が有ります。黄色の建物で壁に「Mozarts Geburtshaus」と書いて有りますが、もちろん住んでいたときには書かれてなかったのでしょうね。建物の中はそのまま博物館になっていて彼が使ったピアノや楽器、一家の家具なんかを見ることが出来ます。おまけにカフェまであるので、甘いものにも目が無いハルくんはここでザッハトルテとウインナカフェを頂きました。なかなか美味しかったです。

P1000684

それから訪れたのはザルツブルク大聖堂(Dom zu SALZBURG)です。ロココ調の美しい建物で、中に入りじっくりと周りの装飾を眺めていると時の経つのも忘れます。そして生れて間もないモーツァルトがここで洗礼を受けたのかと思うと正に感無量です。モーツァルト・ファンがこの街を訪れたらここだけは絶対に外せないですよ。

大聖堂の他には聖ペーター寺院もありますし、モーツァルトはこの街での少年時代に多くの宗教曲を書きました。それはバッハと同じように教会の式典やミサの為に書いたものです。決してコンサート用に書かれたものでは無いのですよ。この時代の作品でハルくんが特に好きなのは、全部で8曲のミサ・プレヴィスです。ミサ・プレヴィスというのは「小さなミサ曲」という意味で、教会の少年合唱団がごく小さな編成の伴奏で歌っていたのです。ですので、このような曲は純真素朴な少年合唱が歌わないと絶対に雰囲気が出ません。たとえばアーノンクールがモーツァルトの宗教曲全集でプロの合唱団を指揮して録音していますが、どんなに合唱が上手くても素朴さに欠けるので僕の好みとは幾らか異なります。

全8曲は作品順に以下の通りです。

ト長調K49
ニ短調K65
ヘ長調K192
ニ長調K194
ハ長調「雀のミサ」K220
ハ長調「シュパウル・ミサ」K258
ハ長調「オルガン・ソロのミサ」K259
変ロ長調K275

そして、愛聴盤のご紹介です。

Cci00041 ラインハルト・カムラー指揮アウグスブルク大聖堂少年合唱団聖歌隊(1990年録音/ハルモニアムンディ盤) モーツァルトの父、レオポルドの生れた街アウグスブルクはミュンヘンのすぐ隣りの町ですが、その少年合唱団が素晴らしい歌声を聞かせてくれます。本当に教会で聴いているような素朴な合唱に感動します。やっぱりこうでなくてはね。ミサ・プレヴィス集のCDは意外に少ないので、このような全8曲の素晴らしい録音が残されたことを心から歓びたいと思います。中ではK220の「雀のミサ」が良く知られていますが、自分はむしろ最後の変ロ長調K275を好んでいます。清らかなボーイ・ソプラノが何という素晴らしさなのでしょうか!

|

« ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」 名盤 ~アルプスへの旅~  | トップページ | ストラヴィンスキー バレエ「春の祭典」 ライプチッヒ・バレエ団DVD 他 »

モーツァルト(声楽曲)」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

ザルツブルクは学生のとき卒業旅行で行きました。
バックパッカーでしたので、あまり贅沢はできなかったのですが、モーツァルトの生家にはいきました。
なんというか感慨深かったです。
特にピアノを見たとき、このピアノを弾いていたのか......と。

投稿: kurt2 | 2009年6月 6日 (土) 22時11分

Kurt2さん、こんばんは。

モーツァルトの生家、感慨深いですよね。
ピアノ以外にもヴァイオリンや、おまけに何と毛髪まで有りましたね。ビックリしました。

投稿: ハルくん | 2009年6月 6日 (土) 22時56分

ハルさん

こんにちは。
今度は東京から書き込みしていますhappy01

私も学生時代、ドイツへ旅行した際、ジャーマンレイルパスという指定した期日であればドイツ国内のほぼ全ての列車を使用できるチケットを使って、ザルツブルクヘ行きました。ザルツブルクはオーストリア領ですが、ドイツ国境に隣接していることもあってか、このパスの使用範囲内でしたtrain

私が訪問した時はちょうどモーツァルトの生家が改良工事中で、残念ながら中を見ることができませんでした。

ただ大聖堂は見ました。とても立派な聖堂という印象でした。

私は「ミサ・プレヴィス」を聴いたことがありません。ただコープマン指揮の「戴冠式ミサ」等を収録したCDを持っており、レクイエムだけでなく、モーツァルトの宗教曲の良さをそのCDで実感しているので、機会があれば、「ミサ・プレヴィス」も聴いてみたいと思います。

投稿: たろう | 2009年6月 7日 (日) 11時31分

たろうさん、こんにちは。

インドネシアからお帰りですか。ご苦労様でした。しかし今日は東京も東南アジア並みに暑くなりました。

モーツァルトの宗教音楽では「レクイエム」「大ミサ曲ハ短調」「戴冠式ミサ」がベスト3だとは思いますが、それ以外の曲でも良い曲は幾つも有ると思います。「ミサ・プレヴィス」はザルツブルク時代の佳曲ということで今回挙げてみました。是非お聴きになられてみてください。

投稿: ハルくん | 2009年6月 7日 (日) 15時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/29881070

この記事へのトラックバック一覧です: モーツァルト ミサ・プレヴィス集 ~ハルくんのザルツブルクへの旅~:

« ブルックナー 交響曲第4番「ロマンティック」 名盤 ~アルプスへの旅~  | トップページ | ストラヴィンスキー バレエ「春の祭典」 ライプチッヒ・バレエ団DVD 他 »