« モーツァルト ミサ・プレヴィス集 ~ハルくんのザルツブルクへの旅~ | トップページ | ~ハンガリーへの旅~ リスト 「ハンガリー狂詩曲」第2番 »

2009年6月21日 (日)

ストラヴィンスキー バレエ「春の祭典」 ライプチッヒ・バレエ団DVD 他

Cci00043_3ウヴェ・ショルツ振付/ライプチッヒ・バレエ団(2003年収録/Euroarts盤)

このところ仕事が忙しかったのと、その他にもあれやらこれやらで記事のアップがなかなか出来ませんでした。そこで今日は、今年の春に出た「春の祭典」のバレエDVDについてお話をしようかと思います。

振り付けは5年前に45歳で亡くなったドイツ人ウヴェ・ショルツ。バレエ団はライプチッヒ・バレエ団。オーケストラはゲヴァントハウス管弦楽団です(2003年収録)。ストラヴィンスキーのこのバレエ音楽は言わずと知れた20世紀の大傑作です。コンサートピースとしてあらゆる国で日常的に演奏され、CDの数に至ってはどれくらい有る事か分らない位です。ですがこの曲は元々はバレエ音楽なのです。皆さん「あたしそれぐらい知ってるわよん。」とおっしゃられることでしょう。(女性の場合。オカマではありません。) では、このバレエを実際にご覧になった経験が有りますか?公演を観たことのある方は相当少ないはずです。なにせ滅多にやらないのですから。昨年、東京バレエ団がモーリス・ベジャールの追悼公演としてこの演目をやりましたが、僕も観たのはそれが初めて。でも残念ですが生オーケストラ演奏ではなくて録音テープでした。舞踏はとても素晴らしかったのですが。

201005_08_73_a0144673_2022387

このバレエはDVDで観た方もほとんどいらっしゃらないと思います。何しろ今までこれといったディスクが発売されていなかったからです。ですので、今回のDVDは正に待望のものでした。このDVDにはオーケストラ伴奏版と2台のピアノによる伴奏版と二種類のバージョンが収録されているのも楽しいです。ピアノ伴奏版のほうは、男性ダンサーがたった一人で現代ダンスを踊るのですが、ステージの後方にはスクリーンが設置されていて、様々な映像が踊りとシンクロして映しだされます。その映像がパロディも有りで、なかなかに面白いのです。たとえば、白鳥の湖のジークフリート王子とオデットの湖畔のシーンかな、と思っていると、急に王子がオデットを襲って木々の間を執拗に追い掛け回して彼女が必死に逃げ回ったりとか、あるいはお城の寝室のシーンでは、可憐なお姫様が大胆にも王子のモッコリ股間にぐっと手を伸ばしたりとか、ドキッとさせられます。オケ版のほうはそれに比べると衝撃性は少ないですが、それでも生贄を捧げるシーンでは女性ダンサーがおっぱいをポロリとしたりで結構楽しめます。(って、どうもビデオの種類を勘違いしているような・・・) 主役の日本人ダンサー、木村規予香さんもハルくん好みの日本人らしい端正な体型の美人なので、彼女を見ているだけでも楽しめます。ただ全体としてはベジャール振り付けのほうが好きかなぁ。いずれにしても、この貴重なDVDを是非一度ご覧になってみて下さい。

Harusai

それにしても、この演目を20世紀の初めにパリで初演して大きな衝撃を与えたディアギレフ率いるロシアバレエ団の凄さといったら無いですね。当時は社交界の娯楽に成り下がっていたパリのバレエ界に、最高の舞踏と最高の音楽でセンセーションを巻き起こしたのですから。天才男性ダンサーのニジンスキーは「ジャンプしたまま空中にそのまま止まる」と評されました。書き下ろしの音楽はストラヴィンスキーの「火の鳥」や「春の祭典」です。なんという芸術の質の高さなのでしょう。それに比べて果たして現代のバレエ界は当時のロシアバレ団の志を越えていると言えるのでしょうか。などと、素人の私が偉そうに言うのもどうかと思うのでこのあたりで止めておきます。

このDVDの映像をご覧になりたい方はこちらからどうぞ。

ところで「春の祭典」はもちろん音楽だけをCDで聴いても楽しめますので、僕の気に入った演奏をいくつかご紹介します。

Cci00042 ワレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー劇場管(1999年録音/Philips盤) もう10年近く前ですがこのコンビの「春の祭典」は東京で生演奏を聴いています。その時はどちらかいうとスマートな印象(席が遠かったせいかも)だったのですが、その頃に録音されたCDでは随分と荒々しさを加えて素晴らしい出来栄えです。精緻さとバーバリズムの共存というこの曲の正に理想的な名盤となりました。いたるところでロシアの大地の雰囲気を感じさせるのもやはり自国の楽団ならではです。たったひとつベストCDを選ぶとすれば迷うことなくこのゲルギエフ盤です。100点満点。

5111kaaeapl__ss500_ コリン・ディヴィス指揮アムステルダム・コンセルトへボウ管(1976年録音/Philips盤) このCDはアナログ録音でありながら非常に音が良いです。というか逆に優秀なアナログ録音だからこそコンセルトへボウの分厚い音の響きを充分に捉えられたのかもしれません。まさに圧倒されるようなパワーなのですが少しもうるささを感じません。これはデイヴィスの指揮と楽団の優秀さのせいでしょう。弦楽や管楽の各パートの上手なことはまさに特筆ものです。ただし前半はややおとなしめ。「春のロンド」あたりから音の厚味を増して本領発揮は後半です。90点。

41spkgnk6sl__ss500_ ピエール・ブーレーズ指揮クリーヴランド管(1969年録音/Sony盤) 一世を風靡した歴史的名盤ですね。よく言われることですが各楽器の音が全て聞こえる分離の良い演奏は録音技術によるものであって、生のステージでは有り得ないでしょう。しかしこの切れ味鋭い演奏はやはり素晴らしいです。ブーレーズはずっと後にベルリンフィルと再録音をしていますが、聴いていて面白いのは断然このクリーヴランド盤のほうです。85点。

Cci00042b レナード・バーンスタイン指揮ニューヨークフィル(1958年録音/Sony盤) ヤング・レニーのかつてのベストセラーなのですが、何故かCDは後年のロンドン響との再録音のほうばかりが販売されていてニューヨーク盤は廃盤状態が続いています(僕のもレニーのエッセンシャル盤です)。なんでやろね?デビュー直後のレニー/NYPの演奏は随分と荒削りではあっても若々しい情熱に溢れていて実に魅力的なのです。彼こそは本物の「青春の巨匠」ですよ。この演奏も出だしはなんだかつたなくてヨロヨロしていますが、「春のロンド」あたりから突然アクセルがかかってノッてきます。そういえば曲が「ウエストサイドストーリー」みたいだものね。いや影響を受けたのは作曲家レニーのほうなのでした。これはやっぱり時々聴いてみたくなる演奏です。75点。

というわけで、推薦CD「ハルの採点」でした。おあとがよろしいようで。

<関連記事>
ストラヴィンスキー バレエ音楽「春の祭典」 名盤
(上記以外のCDも含めて御紹介しています)

|

« モーツァルト ミサ・プレヴィス集 ~ハルくんのザルツブルクへの旅~ | トップページ | ~ハンガリーへの旅~ リスト 「ハンガリー狂詩曲」第2番 »

舞踏&バレエ」カテゴリの記事

コメント

ハルサイを初めて聴いたのは、様々な曲のハイライトを集めたCDの中に入っていたベイヌム=ロイヤル・コンセルトヘボウ管の「春のきざし」でした。
ちょうどクラシックを聴き始めた頃にこの演奏を聴いてとても衝撃的だったのを覚えています。クラシックと言えば優雅で繊細な曲調が多くて、せいぜい激しい曲でもベートーヴェンの『運命』位と思っていた為、ハルサイの原始的(ある意味ロック的な激しさ)曲調に圧倒されました。
「クラシック音楽の中にもこんな曲があるのか」と。
今となってはハルサイも自分の中では現代曲の定番となり、クラシックを聴き始めた時の衝撃は覚えなくなりましたが、ストラヴィンスキーの中でも好きな曲の1つです。
よく聴く演奏は、ドラティ=デトロイト響やブーレーズ=クリーヴランド管(新録音)、スウィトナー=シュターツカペレ・ドレスデンです。
マゼール=ウィーン・フィルという、ハルサイの演奏に慣れていないオケが妙に微笑ましいCDもたまに聴いたりします。
私も一度はバレエ付きで見てみたい演目ですねーhappy01

投稿: たろう | 2009年6月27日 (土) 00時27分

たろうさん、コメントありがとうございます。

「春祭」は既に古典と言っても良いですね。何度も繰り返して聴いているうちに、複雑なリズムもあたかもメロディのように聞こえて来ます。そしてロックミュージック顔負けの迫力は聴き応え満点ですよね。
「火の鳥」「ペトルーシュカ」も名曲ですが、やはり「春祭」が最高だと思います。
これは本当にバレエのステージで見たい演目です。

投稿: ハルくん | 2009年6月27日 (土) 00時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/28857202

この記事へのトラックバック一覧です: ストラヴィンスキー バレエ「春の祭典」 ライプチッヒ・バレエ団DVD 他:

« モーツァルト ミサ・プレヴィス集 ~ハルくんのザルツブルクへの旅~ | トップページ | ~ハンガリーへの旅~ リスト 「ハンガリー狂詩曲」第2番 »