« ストラヴィンスキー バレエ「春の祭典」 ライプチッヒ・バレエ団DVD 他 | トップページ | スメタナ 連作交響詩「我が祖国」 名盤 »

2009年6月28日 (日)

~ハンガリーへの旅~ リスト 「ハンガリー狂詩曲」第2番

Parliament

さてオーストリアをぶらり旅していたフーテンのハルくんはお隣の国ハンガリーへと足を延ばしました。ハンガリーはマジャール民族の国。元々は遠くモンゴルの遊牧民族がトルコあたりを流れて最終的に行き着いたのが現在のハンガリーなのです。要するにさすらうジプシー民族の国。フーテンのハルくんも情熱的なジプシー風女性には大いに惹かれます。えっ、女性には皆惹かれるんだろうって?実はそうなのです。特に情熱的な女性には滅法弱いんですよ。(笑)

ところでハンガリー民族はヨーロッパの中に有ってアジア民族に似た特徴を多く持つのだそうです。マジャール語は言語学的にはアジアに近いのだそうですし、氏名の呼び方についても、名字が前で、名前が後ろなんです。それにアジア民族の赤ん坊のお尻にできる蒙古斑。これも欧米民族で出来るのはハンガリー人だけだとか。音楽の特徴も独特です。激しいリズムと哀愁漂うメロディ。特にあのジプシー風の音楽にはとても共感を覚えます。ブラームスの書いた「ハンガリア舞曲集」も好きですが、ハンガリー人の書いた音楽にも好きな曲が有ります。フランツ・リストの「ハンガリアン・ラプソディー(ハンガリー狂詩曲)」とかね。この第2番は大変有名ですし、昔から大好きなのですよ。とは言え、ポピュラー管弦楽曲集なんかに入っていますが、余り真剣に聴くようなことも有りませんでした。ところが思わず耳を傾けてしまう本場物の素晴らしい演奏が有りますので是非ご紹介します。

Cci00047 マーティアス・アンタル指揮ハンガリー国立交響楽団(1988年録音/ナクソス盤) 世界的廉価レーベルのナクソスは、正直言ってマイナーな演奏家のものがほとんどです。コストを切り詰めるためです。ところが中には結構良い演奏も存在するので侮れません。例えば、この「ハンガリアン・フェスティバル」というタイトルのCDです。ハンガリーのこの楽団は、以前小林研一郎が首席指揮者を務めていた名オーケストラですが、実際に僕も10年前ほど前に素晴らしいコンサートを東京で聴いています。この「ハンガリアン・フェスティバル」のCDで指揮をしているのはやはりハンガリーの指揮者で、全て自国の演奏家で固めたこのCDは曲目もとても良いのです。コダーイ「ハーリヤーノシュ」組曲、リスト「ハンガリー狂詩曲1番、2番、6番」、フバーイ「ヘイレ・カティ」からチャルダーシュ、ベルリオーズ「ハンガリー行進曲」です。まさにハンガリアン・フェスティバルではありませんか!

ハンガリー狂詩曲第2番ですが、前半の哀愁漂う旋律を歌う木管や弦の味わいはちょっと他の国の楽団では聞けません。さほど大げさではないのに実に心に染み入ってくるのですよ。そして中間部のヴァイオリン独奏はいかにもジプシー風で最高です。こうでなくてはね。他のいずれの曲も楽しめます。フバーイもやはりジプシーヴァイオリンが素晴らしいですし、ベルリオーズの「ハンガリー行進曲」は同じハンガリー出身のジョージ・セルのお得意のアンコール曲目でしたが、このCDの演奏もフランスの楽団のきらびやかな音色とは違ってまた魅力的です。こういうCDが1000円程度で買えるのは実に素晴らしいことだと思います。

|

« ストラヴィンスキー バレエ「春の祭典」 ライプチッヒ・バレエ団DVD 他 | トップページ | スメタナ 連作交響詩「我が祖国」 名盤 »

ハンガリー音楽」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
この曲、オリジナルはピアノソロですが、私は管弦楽版のほうが好きです。フルート奏者でもあるドップラーと共同で編曲したようですが、木管パートの書き方なんかはドップラーの功績、またはリストがドップラーから学んだのではないかと勝手に想像しています。
でも、バルトークやコダーイなんかと比べると、土臭くないというか、ハンガリーっぽくない感じもしませんか?どっちが好きかはともかくとして。

投稿: かげっち | 2009年6月28日 (日) 19時12分

かげっちさん、こんばんは。
お元気そうで何よりです。

この曲はもちろん原曲のピアノで聞いても良いのですが、私もオケ版のほうを好みます。
でもハンガリーっぽく無いですかね?このCDの音と演奏を聴いているといかにもハンガリーっていう感じがするのですが。。。。

投稿: ハルくん | 2009年6月28日 (日) 21時06分

説明不十分でした。ハンガリー=ジプシー(ロマ)ではないと思うのですが、この曲はロマ風に近いような印象で、しかも作曲者が伊達男なので(?)「ど演歌」ではなくおしゃれに書けてしまっている感じがします。
まあブラームスのハンガリー舞曲なんかも、民謡そのまんまではなさそうですけどね。

投稿: かげっち | 2009年6月29日 (月) 12時37分

かげっちさん、こんにちは。

クラシック音楽の場合はなかなか「ど演歌」にまで成る曲は無いでしょうね。部分的にはブラームスやチャイコフスキーなどはしばしば「ど演歌」であったり「民謡」で有ったりはしていますが。
伊達男リストのこの曲は後半がとてもお洒落で楽しいですよ。ヴァン・クライバーン国際コンクールで優勝した辻井君もアンコール曲に弾いているようです。大いに盛り上がることでしょうね。

投稿: ハルくん | 2009年6月30日 (火) 12時42分

辻井さんの演奏、昨晩のニュースステーションでちらっと見ました。アンコールはこの曲でしたね。

彼はTVでしか知らないけれど、音の粒の立て方がとても好きです。べちゃっとした音塊のような響きは好きでありません。

「ど演歌」といえば、ツィゴイネルワイゼンなんか、あてはまるのではないでしょうか?といっても私が「ど演歌」を好むという意味ではありません、伊達男の曲も大いにけっこうです。ハルくんさんのほうが伊達だとは思いますが。

投稿: かげっち | 2009年6月30日 (火) 13時09分

あー、そうですね。「ツィゴイネルワイゼン」は演歌ですね。まさにジプシー演歌であり大道芸の曲だと思います。

リストでは僕はやっぱり「愛の夢」です。
あんな曲を女性の前で上手に奏でたら、そりゃモテモテでしょうね。いーなぁ、羨ましい!(笑)

投稿: ハルくん | 2009年6月30日 (火) 23時43分

いえいえ、ブラームスやドヴォルジャークみたいな渋好みの女性もいるはずです。(たぶん)

投稿: かげっち | 2009年7月 1日 (水) 12時50分

かげっちさん、こんばんは。

ブラームスやドヴォルザークだって渋い曲ばかりを作っていた訳では有りませんよ。
ブラームスの「ワルツ」とか、ドボルザークの「ユーモレスク」のように心優しい曲が有りますからね。どれも本当に心に染み入る曲です。こんな曲を目の前で弾かれて「貴女に捧げる・・・」なんて言われたらどんな女性でもイチコロでしょうね。羨ましい~(こればっか)(笑)

投稿: ハルくん | 2009年7月 2日 (木) 23時49分

どれも心に染み入る曲です。ユーモレスクなんかも、わたしにとっては「渋い」と思うんですけどね。でも、彼女に、ではなくお母さんに捧げる曲みたいな感じもします。そういう男は母性本能をくすぐるか?(笑)

投稿: かげっち | 2009年7月 5日 (日) 18時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/30308914

この記事へのトラックバック一覧です: ~ハンガリーへの旅~ リスト 「ハンガリー狂詩曲」第2番:

« ストラヴィンスキー バレエ「春の祭典」 ライプチッヒ・バレエ団DVD 他 | トップページ | スメタナ 連作交響詩「我が祖国」 名盤 »