« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月29日 (日)

シベリウス 交響詩「フィンランディア」op.26 名盤 ~目覚めよフィンランド~

シベリウス特集が交響曲第4番まで終わったところで次は5番と思っていたのですが、ちょっと気が変わってフィンランド国民にとって大変に重要な作品に触れたいと思います。交響詩「フィンランディア」は知らない人が居ないほどに有名な曲ですが、この曲はフィンランドでは第二の国歌と呼ばれています。その理由は曲の作られた背景にあるのです。

Sibelius フィンランドは19世紀の初めから既に100年近くも国境が隣リ合うロシアの支配下にありましたが、当時は弾圧が一段と厳しくなった時期でした。その弾圧政策の一つとして出版物への検閲が義務付けられたのです。その為にフィンランドの新聞関係者が検閲への反対集会を行うことが決定されました。集会の最後には「フィンランドの目覚め」という劇が上演されることになったのですが、その音楽を担当したのがシベリウスでした。この劇のフィナーレとなった曲が他ならぬ「フィンランディア」の原曲なのです。そして、その原曲を後でコンサート用に編曲したものが交響詩「フィンランディア」です。この曲はとても親しみやすいので、特に曲の背景を知らなくても感動させられてしまいます。ですが、そのような曲の背景を知ることで感動が一段と増すのでは無いでしょうか。

この曲の演奏には大きく分けて、管弦楽のみで演奏される版と、合唱付きで演奏される版が有ります。更には合唱付きでも男性合唱と混声合唱とが有ります。僕は合唱付きで聴くのが好きなのですが、それぞれについての名演奏をご紹介したいと思います。

456 レイフ・セーゲルスタム指揮ヘルシンキ・フィル/ポリテック男性合唱団(ONDINE盤) この演奏は男性合唱付きです。彼らは母国の賛歌を力強く感動的に歌い上げています。ロシアの圧制に屈することなく皆で立ち上がって戦おう、という祈りをストレートに感じます。他の国の合唱団がこのように歌うことはまず不可能でしょう。セーゲルスタムの指揮も、導入部の力強さや主部の速い部分の切れの良さは実に見事です。仮に合唱団が無かったとしても、大変素晴らしい演奏です。交響曲全集にも収められていますが、単売では4番と組み合わされています。

Cci00024 エリ・クラス指揮フィンランド国立歌劇場管/合唱団(ONDINE盤) この演奏は混声合唱付きです。男性合唱の場合だと、戦う為に立ち上がろうという力強さを感じるのですが、混声の場合にはもっと静かに母国への愛を歌いあげているように聞こえます。どちらも感動的なのことには変わりがなく、雰囲気の違いを楽しめるのが嬉しいです。歌劇場の管弦楽団もなかなか立派なものです。この演奏はシベリウスのカンタータ集というタイトルのCDに収められています。

Sicci00019 オッコ・カム指揮ヘルシンキ・フィル(TDK盤) これは1982年の日本でのライブ演奏なのでもちろん合唱は付きません。ところが非常に感動的な演奏なのです。導入部から異常なまでに気迫がこもっています。一音一音が迫るように訴えかけてきて圧倒されます。主部に入ってからは早いテンポで前のめりになるほど高揚するさまに興奮させられます。そして中間部では管弦楽がまるで人の歌声のように、というよりも歌声以上に感動的に母国賛歌を歌い上げるのです。何という演奏なのでしょう。オッコ・カムは非常に録音の少ない指揮者ですが、これほどの演奏の出来る人が実にもったいないことだと思います。この演奏は第2番のCDに収められています。TDKの録音は生々しく極上です。

51wgp741rql__ss400_ パーヴォ・ベルグルンド指揮ヘルシンキ・フィル(EMI盤) この演奏も合唱無しです。ベルグルンドは同じEMIに僅か数年前にフィルハーモニアともこの曲を録音していますが、このヘルシンキ・フィルとの演奏の方が数段出来は良いです。まあフィンランド人の演奏家がこの曲を演奏して良くなければ、他の国にさっさと移住したほうが良いと思います。この演奏はもちろん非常に素晴らしいのですが、オッコ・カムの奇跡的な演奏と比べてしまいますと感動度合いで少々及ばないというところです。この演奏は全集盤や4~7番の輸入2枚組盤、国内の2番に収められています。

118 オスモ・ヴァンスカ指揮ラハティ交響楽団(BIS盤) この演奏も合唱無しです。ヴァンスカは素晴らしいシベリウス指揮者で管弦楽曲も全てといっていいほど録音しています。ところが、この演奏は中間部の賛歌のところを非常に小さな音で弾かせるので、音楽が痩せて聞こえてしまうのです。この表現は私はちょっと気に入りません。録音もなんだかパリッとしないこもった音なので物足りなさを感じるところです。他の母国演奏家と比べて一段落ちるのがとても残念に思います。この演奏は管弦楽曲のベスト盤に収められています。

486 有名曲なのでフィンランド以外の演奏も多く有りますが、その中で強いてあげればネーメ・ヤルヴィ指揮エーテボリ管(グラモフォン盤)はなかなか良い演奏です。ヤルヴィはフィンランドと同じフィン民族の多いエストニア出身ですし、エストニアはやはり同じようにロシアからの独立闘争の歴史を持ちますので、この曲への共感は並々ならぬものが有って当然でしょう。オケの分厚く重々しい響きも私が生で聴いたエーテボリ管の音にかなり近い音です。この演奏は管弦楽曲盤もしくは2番のCDに収められています。

次回は交響曲第5番です。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

シベリウス 交響曲第4番イ短調op.63 名盤

1199331182_2
シベリウスは交響曲第3番で、それ以前の作品に比べてずっと内省的な音楽に変化させましたが、次の第4番では更に瞑想的で深遠な作品を書き上げました。ひとつにはこの作品に取り掛かっている時にシベリウスは喉に腫瘍が出来てしまい、手術を行いました。そのことが「死」というものを意識させて創作にも影響を与えたと、自身で後述しています。それもあってこの作品は当時のフィンランドの聴衆にとっても、困惑する難解な曲だったのです。確かに馴染みやすい音楽とは言えない為に、かなりのクラシックファンと言えども初めは曲に親しむのに苦労するようです。かくいう僕もやはり馴染むまでには少々時間がかかったのです。しかし指揮者のサラステはこの様に述べています。「第4番はフィンランドのオーケストラと指揮者にとっては理解しやすく、第7番は雰囲気をつかむのに苦労する。」とです。すなわちこの曲はフィンランドの冬の暗く重苦しい自然とも密接に関係しているのです。その自然の厳しさを知っている自国の国民には理解しやすいが、他の国の人間にはなかなか理解し難いということでしょう。前後の作品の3番や5番がどちらかいうと北国の昼間の印象だとすると、4番は凍てつくような冬の澄み渡った夜空もしくは暗い海という印象になるのではないでしょうか。

僕はこのような曲はフィンランド以外の演奏家が本質を表現することはなかなか難しいと思っています。それが実は僕を本場もの以外の演奏から引き離す大きな理由なのです。従って愛聴盤はどうしても自国演奏家のものばかりが揃ってしまいます。

Cci00023b パーヴォ・ベルグルンド指揮フィンランド放送響(1968年録音/FINLANDIA盤) ベルグルンドは交響曲全集を3度録音していますが、その最初の全集の1970年代のボーンマス響盤よりも更に以前の1968年に4番を単独で録音しています。スタイルとしては後年のヘルシンキ・フィル盤と変わらず、過剰なところが全く無い地味な表現です。完成度では若干劣るものの、このとき彼は既にシベリウスの音楽をいかに深く把握していたかが良く解ります。ベルグルンドのレコーディング初期の演奏が聴ける貴重なCDだと思います。

51xbpaqnqql__ss400__5 パーヴォ・ベルグルンド指揮ヘルシンキ・フィル(1986年録音/EMI盤) ベルグルンドの2度目の全集録音からです。さすがにヘルシンキ・フィルだけあって、前述の旧盤よりも更に充実した名演奏です。1楽章や3楽章では弦も管も澄み切った音が本当に美しく、深い詩情に満ち溢れています。また第2楽章のリズムの意味深さや音符の処理の仕方も驚くほど徹底しています。弦楽のイントネーションの緻密さなどは他の演奏家からはちょっと聴くことは出来ません。完成度の高さという点ではやはりトップではないかという気がします。但し80年代のデジタル録音にしてはBISやONDINEと比べてどうも音がパリッとしないのですね。EMIらしいと言えばそれまでなのですけれど。

456 レイフ・セーゲルスタム指揮ヘルシンキ・フィル(2002年録音/ONDINE盤) ベルグルンド盤と同様にさすがはヘルシンキフィルだけあって美しい部分は惚れ惚れするほどに美しい演奏です。また1、3楽章の静寂の表現の深さはことによるとベルグルンド盤以上かもしれません。但しその一方で2、4楽章のリズムの切れ味や緻密さはベルグルンドには一歩及ばない気がします。全体を通しての完成度という点でもベルグルンドが上かな、と思います。ONDINEの録音は非常に優れています。

Cci00023 渡邉暁雄指揮ヘルシンキ・フィル(1982年録音/TDK盤) ヘルシンキフィルとの福岡サンパレスでのライブ録音です。アケさんとヘルシンキ・フィルとのコンビはまるで長年連れ添った手兵楽団のような緊密さが有って実に自然です。オケもライブとは思えないほど優れています。ベルグルンド、セーゲルスタム両盤と比べると演奏には大らかさを感じます。その為にずっとロマン派寄りの音楽に聞こえてくるのです。このあたりは好みの問題も有るでしょうが、これはやはり非常に素晴らしい演奏だと思います。半分フィンランド人の血を引くアケさんがどれほど凄いシベリウス指揮者であったかが良く分かります。TDKの録音も相変わらず優秀です。

249 ユッカ=ペッカ・サラステ指揮フィンランド放送響(1993年録音/FINLANDIA盤) サンクトべテルブルクでのライブ録音です。これはとても良く歌わせた演奏です。ですのでアケさん/ヘルシンキ盤以上にロマンティックに聞こえます。この曲になかなか馴染めないと感じる方には最も向いている演奏ではないかという気がします。かと言って決して深みに欠けている訳では有りません。サラステはシベリウスのシンフォニーの中で4番が最も好きだと述べていますので、これは音楽への愛情がこのような表現にさせているのかもしれません。

369 オスモ・ヴァンスカ指揮ラハティ響(1996年録音/BIS盤) ヴァンスカは他の指揮者に比べて弱音指定部を更に一段小さくするので、時には音が弱すぎて旋律線を損ねてしまう傾向が有ります。この演奏の冒頭も聞こえるか聞こえないか分からないほどに小さな音で始まるのでちょっとイライラしていると、まるで遠い地平線の遙かかなたから音が聞こえてくるように少しづつ大きくなってきます。ここで初めてヴァンスカの意図に納得します。全体的には弱音を多用していますが、ここぞという時には大きくクレッシェンドするので非常に彫りの深い印象になっています。管楽器に依る保持音の生かし方が非常に効果的なのも、管楽器出身のヴァンスカならではです。

さて、以上の演奏はどれもが本当に素晴らしいのですが、それでもあえて個人的な好みで絞るとすればベルグルンド/ヘルシンキ盤、渡邉暁雄/ヘルシンキ盤、サラステ/フィンランド放送盤が僕のベスト3です。

この他では世評の高いベルグルンド4回目の録音であるヨーロッパ室内管盤が決して無視できない演奏なのですが、管楽器がヘルシンキ・フィルに比べて劣ることと、弦楽器の音色がなんとなくウォームなのが気になります。カラヤン/ベルリン・フィル(EMI盤)は余り悪口は言いたくないので(言ってるし!)、シベリウスというよりは映画音楽かムード音楽に聞こえるところが本場物ばかりを聴きすぎた時の口直しに良いかもしれません(ちっとも褒めてないし!)。同じカラヤンでもDGの旧盤のほうがもう少しシベリウスの音楽には近いと思います。バルビローリ/ハレ管はこの曲の演奏に限っては余りにオケのレベルが下手過ぎてとても聴き通すことが出来ません。

次回の予定は第5番です。おそらく僕の最も好きな曲です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月19日 (木)

シベリウス 交響曲第3番ハ長調op.52 名盤

080107ota_1

僕はシベリウスの音楽を毎年春が近づいて来る頃に集中して聴く習慣が有ります。無性に聴きたくなるのです。その理由は恐らく僕がシベリウスの作品の魅力に目覚めたのが、丁度冬が終わりを告げてもうじき春になる時期だったからだと思っています。きっかけになったのは私が社会人になって間もない頃、春スキーに行った帰りにスキーバスに揺られながら携帯オーディオでシベリウスの3番と5番を聴いていました。FM放送から録音したばかりのヘルシンキフィルの来日コンサートです。その日は晴れわたり、明るい日差しに山々の雪が徐々に溶け出していました。その光景とシベリウスの音楽が驚くほどマッチしているように感じたのです。家に帰って調べてみると5番にはシベリウス自身が「春の訪れとともに雪溶けの音に驚いた白鳥が湖から飛び立って自分の頭上を旋回し、光の中に消えていった」そんな風なコメントが付いているとか。なるほどと納得しました。「自然の神秘と生の憂愁」こそがシベリウスの音楽の基本テーマなのです。

Ainola_yards

この3番はシベリウスが都会の社交界から離れて、片田舎の湖の近くに小さな家(アイノラ:上の写真)を買って夫人と2人で移り住んだ後に書いた最初の交響曲作品です。よく言われるように、第1番、2番の気宇壮大な曲想とは異なり、小さな規模で極めて内省的な内容の音楽になりました。第1楽章は土俗的で歯切れの良いリズムに、雪に覆われた大地の上を春の訪れを予感させる風が流れていくような爽やかさと喜びを感じます。第2楽章は素朴で美しい民謡風のメロディが静かに流れてゆき、深い瞑想を感じさせます。この楽章は余りの心地の良さに、いつまでも聴いていたくなります。第3楽章は前半の舞曲風の部分を経てから後半はそれにコラール主題が重なり合って高揚していきます。ところがこの曲には第4楽章は無く、これで終わってしまいます。壮大な1、2番に比べるとずっとこじんまりとした室内楽的な作品です。凝縮された構成で表現する「寡黙」と「神秘」。これこそが後期のシベリウス音楽の特徴であるのです。そして僕にとってもこの曲はシベリウスの中でも特に愛すべき曲の一つです。

それでは僕の愛聴盤のご紹介です。毎回同じような演奏家が並んでしまって申し訳ないのですが、第3番以降は益々演奏家を厳しく選ぶ音楽ですので止むを得ません。

423 オッコ・カム指揮ヘルシンキ・フィル(1982年録音/TDK盤) ヘルシンキ・フィル初来日の時の東京厚生年金会館でのライブ録音です。この演奏こそが前述の僕のシベリウス開眼となった記念すべきものなのです。当時のテープを既に駄目にしていた僕が、このCDの発売にどれほど歓喜したかはご想像下さい。今改めて聴きなおしてみても、素朴な美しさと優しさ、そして生命感に満ち溢れた素晴らしい演奏です。合奏は非常に優秀なのに少しも神経質で無いところがこの曲にとても合っていると思います。そのうえ更に私の青春の日々の思いが重なりあって、正に宝物のような存在なのです。TDKの録音も相変わらず優秀です。

51xbpaqnqql__ss400__4 パーヴォ・ベルグルンド指揮ヘルシンキ・フィル(1986年録音/EMI盤) さすがに初演を行った楽団は音楽が楽員の身体に染み付いています。そしてここでも弦楽器も管楽器も澄み切ったハーモニーが非常に美しいです。ベルグルンドの表現もいつもながらに自然でやり過ぎたところが有りませんし、一つ一つの音符が本当に大切に扱われているので本当に安心して聴いていられます。第2楽章の静かなたたずまいと足取りも瞑想を深く感じさせます。第3楽章の自然な盛り上がりも素晴らしく、これでこそシベリウスの音楽が生きるというものです。但しカムと比べてしまうと幾分神経質な分、好みが分かれるかもしれません。

668 レイフ・セーゲルスタム指揮ヘルシンキ・フィル(2002年録音/ONDINE盤) ヘルシンキ・フィルの奏でるシベリウス演奏はどれも素晴らしく、このセーゲルスタム盤もまた魅力的です。ところどころでベルグルンド盤よりも更に美しいかなと感じる部分が有りますが、ひとつはこのCDは録音が非常に優秀なのでそう感じてしまうのかもしれません。但し第2楽章の瞑想はベルグルンドのほうが深いような気がします。第3楽章の盛り上がりについては全く文句が有りません。

36133027_1 ユッカ=ペッカ・サラステ指揮フィンランド放送響(1993年録音/FINLANDIA盤) これもサンクトべテルブルクライブでのライブ録音です。冒頭から早めのテンポでさっそうと始まり、リズミカルな心地よさが悪くありません。金管も強奏されティンパニも強打されますが不思議と素朴な曲想を損ねているようには感じません。第2楽章も早めのテンポなのですが違和感は無く、木管の素朴な歌い回しが魅力的です。弦も民謡風の雰囲気が良く出ていてとても好ましく思います。第3楽章は後半のコラールが重なり合ってくるところからも少しも大げさでない自然な高揚感を見せていてとても気に入っています。

643 オスモ・ヴァンスカ指揮ラハティ響(1996年録音/BIS盤) この演奏もいかにもヴァンスカらしく非常に細部にまでこだわりを見せている演奏です。ピアノとフォルテとの対比はセーゲルスタム以上です。第1楽章は遅めのテンポで非常に小さな音で始まりますが、少々弱すぎてしまい旋律が痩せて聞こえます。その反面ティンパニをかなり強打させるなど、どうも曲想の素朴さが失われているように感じます。第2楽章はとても遅いテンポで瞑想を深く感じさせますのでこれは秀逸です。第3楽章は前半、後半ともに非常に彫りが深くこの曲の魅力がかつて無いほど新鮮に感じられます。特に後半の壮大な盛り上がりは驚くほどです。この演奏で聴くと3番も決してこじんまりとした曲ではなく1、2番のようなスケールの大きな曲に聞こえます。

以上のCDはいずれも大変素晴らしく、これほどの高次元になると正直言って優劣をつけるのは至難の業です。あくまでも僕の好みとお断りした上で選びますと、カム/ヘルシンキ・フィルがベスト。2番目がベルグルンド/ヘルシンキ・フィル。3番目にサラステ/フィンランド放送響。以上がベスト3というところです。しかし残りの二つも全くの僅差、特にユニークなヴァンスカには捨てがたい良さが有ります。

さて、次回は第4番です。いよいよシベリウスの深遠の世界に入って行きます。

<関連記事>
「若き日のオッコ・カムのシベリウス」

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

シベリウス 交響曲第2番ニ長調op.43 名盤

シベリウスの交響曲の中で最も親しみやすく分かり易い曲です。ところが、それが逆にアダになってシベリウス・フリークの間では一段低い評価になっているのかもしれません。確かに後期のあの何処までも深遠な曲想と比べてしまえば音楽に深みが欠けるのは事実です。それでも第1楽章導入部の弦によるスタッカート・スラーの伴奏形からしてとてもユニークですし、中間部の劇的な盛り上がりも感動的です。また第2楽章の暗く荒涼たる雰囲気の味わいや、第3楽章から第4楽章への移行の見事さなど、シベリウスならではの独創性、斬新さが見られて、やはり魅力的な曲だと思います。

僕が高校生の時に最初に手にしたこの曲のLPレコード(CDでは有りません)は、セルゲイ・クーセヴィツキー指揮ボストン響のモノラル盤でした。何故それを選んだのかは憶えていませんが、余り曲の魅力を表わしている様には感じられませんでした。次に買ったのはバルビローリ指揮ハレ管のものです。これにはとても感動しました。適度の荒々しさと豊かな歌心が気に入ったのです。70年代当時のシベリウス演奏と言えばカラヤンを聴かなければ、やはりバルビローリだったのでは無いでしょうか。しかし80年代後半から次々と登場した自国フィンランドや北欧の優れた演奏家たちの録音の前ではそれ以前の演奏達はすっかり色あせてしまった感が有ります。

僕が体験した生での名演と言えばネーメ・ヤルヴィ指揮エーテボリ交響楽団の日本公演です。これはとにかく音色自体が驚きでした。どこの国の楽団とも違う暗くくすんだ音色はロシアともドイツとも全然異なりました。なにか北海の荒波に飲み込まれるようなスケールの大きさとも相俟って、非常に感動的でした。それ以前にBISに残されたこのコンビのCDで聴く音色とも全く違いました。速すぎるテンポでせわしないBIS盤とは比較にならない名演奏だったのです。その後のグラモフォンへ録音した新盤も、あの魅力的な響きを充分再現しているとは言い難いのですが、ずっと落ち着いたテンポによる名演奏だと思います。

さて、それでは僕の愛聴盤についてご紹介します。

51xbpaqnqql__ss400__3 パーヴォ・ベルグルンド指揮ヘルシンキ・フィル(1986年録音/EMI盤) ベルグルンド/ヘルシンキ・フィルのシベリウスはどれもが最も安心して聴ける正に「リファレンス」と言っても良い演奏なのですが、この第2番には必ずしも満足していません。理由のひとつは1楽章のテンポが速過ぎるのです。確かに楽譜の速度指定からすればこのテンポは正しいのですが、ヤルヴィのBIS盤と同じで個人的にはもう少しじっくり落ち着きを持った歩みの演奏の方が好きなのです。それにベルグルンドにしては珍しく金管楽器に繊細さが不足するのが気になります。

763 レイフ・セーゲルスタム指揮ヘルシンキ・フィル(2002年録音/ONDINE盤) 非常に素晴らしい演奏です。第1番では少々荒々しさが過ぎてしまい、個人的にはいまひとつだと思ったのですが、この曲ではそのようなことは有りません。早過ぎないテンポは理想的であり、スケールもとても大きいのですが、ヘルシンキ・フィルはここではベルグルンド盤よりもずっと繊細で美しい音を出しています。透明度の高い叙情感が何とも言えず魅力的なのです。ONDINEの録音も非常に優秀です。

Sicci00019 オッコ・カム指揮ヘルシンキ・フィル(1982年録音/TDK盤) ヘルシンキ・フィル初来日の時の大阪フェスティヴァルホールでのライブ録音です。ここでもTDKの録音は非常に優秀です。第2番はオッコ・カムが振りました。カムは結構ロマン的な資質を持っていますので、ゆったりとしたテンポでこの曲の叙情を歌い上げます。それでも他の国の演奏家のようにシベリウスの音楽から離れて行ってしまうようなことは有りません。大げささが全く無いのに非常に感動的です。ライブでこれほど完成度の高い演奏を行えるヘルシンキPOの実力にも本当に感心します。このCDではアンコールの非常に感動的な「フィンランディア」が聴けるのも嬉しいです。今日久しぶりにこのフィンランディアを聴いてちょっと泣けてきました。

253 ユッカ=ペッカ・サラステ指揮フィンランド放送響(1993年録音/FINLANDIA盤) これもサンクトべテルブルクでの全曲ライブ録音の一つです。これももちろん悪い演奏では無いのですが、録音がこもり気味なのが残念です。これなら同じライブ録音でもTDKのほうがむしろ優れていると思います(流石は世界のTDK!)。早過ぎないテンポには好感が持てますが、演奏全体に彫りの深さ不足を感じ無いでもありません。もっともそれは非常にハイレベルでの比較であって、凡百の演奏に比べれば遥かに素晴らしいと思います。フィナーレの壮大な盛り上がりも充分に感動的です。

643 オスモ・ヴァンスカ指揮ラハティ響(1996年録音/BIS盤) ヴァンスカは結構表現意欲のある人で、それがハマった時には絶大な魅力になります。管楽器の豊かなニュアンスはいつも通りですし、細部に非常にこだわった演奏をしています。ところが正直に言って少々こだわり過ぎで逆に素朴感を損ねている感が無きにしもあらずなのです。オケの音色の素朴感と不釣合いのようにも思えます。このあたりの好悪は非常に紙一重で、人によってはこれが良いと言う人も多いと思います。かくいう僕自身も惹かれる部分とわずらわしさを感じる部分とが拮抗しているのです。

ということで、第2番に関して僕の最も好きな演奏はセーゲルスタム/ヘルシンキ・フィル盤とオッコ・カム/ヘルシンキ・フィル盤の二つです。次点としてはヴァンスカ/ラハティ響盤を挙げたいと思います。

次回は順番で第3番です。

<関連記事>
「若き日のオッコ・カムのシべリウス」

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

シベリウス 交響曲第1番ホ短調op.39 名盤

よくシベリウスの交響曲は3番あるいは4番以降の作品が良くて、1番、2番は不出来などという意見が多く見られます。果たして本当でしょうか?もちろん後期の作品が充実していることに疑いの余地は有りません。けれどもその論法から言ったら、ベートーベンは3番以降が価値が有り、1番、2番には価値が無いと言う様なものです。ベートーヴェン好きな人が果たしてそのような言い方をするものでしょうか?愛好家、ファンを自認する人というのは、例え少々未熟な面を残してはいても、若書きの魅力というものを初期の作品から感じとるものでは無いでしょうか。世の音楽評論家の中にさえも、「シベリウスは大好きだ」と言っていながら、一方で第2番を「駄作」「不要」などと決め付けるような人が居ますが、そんな人の言葉を僕は信用したくありません。

さて、それはさておき、この第1交響曲はシベリウス33歳の作品です。作品番号からも分かるように彼はそれまでに交響詩などの幾つもの管弦楽作品を作曲した上で、満を持してこの交響曲第1番を手がけました。従って既に自分の音楽というものを確かなものにしています。よく「ロシア音楽の影響を受けている」とも言われますが、僕は正直余り感じません。大体、作品7の「クレルヴォ」で既に自国フィンランドの民族的な音楽書法を生かした大作を書き上げた人が、当時ロシアの統治化にあって国民運動が沸き起こっていた時代にわざわざロシア音楽に影響された曲などを作ろうと思うでしょうか。「ロシア的な」演奏を聴きなれた人が勝手にそのように思い込んでいるだけだと思います。むしろ金管をとても息長く吹かせたり長い保持音が頻繁に現れるあたりはブルックナーの影響をよほど感じます。

この曲は第1楽章の冒頭、クラリネットの音がまるで深い森の中から聞こえてくるように神秘的に始まります。その後も息の長い旋律が実に感動的です。第2楽章は北欧のロマンとでも言いたい静寂の調べに魅惑されます。第3楽章は原始的な舞曲のようですがこれも楽しいものです。そして終楽章では北国の厳しさ荒々しさを経た上で再び息の長い旋律を感動的に歌い上げて曲を閉じます。僕はこの曲がとても好きです。チャイコフスキーの1番も大好きですが、負けないぐらいに好きです。それでは愛聴盤を順番に聴いていきましょう。

51xbpaqnqql__ss400__2 パーヴォ・ベルグルンド指揮ヘルシンキ・フィル(1986年録音/EMI盤) ヘルシンキ・フィルはシベリウスの交響曲の1番から6番までを初演しました。だからという訳では無いですが、音楽が楽員の身体に染み付いているのです。それを3度も全集録音をやろうという指揮者が振れば悪いはずが有りません。表現は自然でやり過ぎたところが皆無です。音符の一つ一つが正にかくあるべしというように感じるのです。人によっては1番の演奏としては物足りなく思うかもしれません。ですがそれが本来のシベリウスなのだと思います。とにかく弦も管も澄み切ったハーモニーが実に美しく、これはちょっと他のオケでは真似が出来ないと思います。

026 レイフ・セーゲルスタム指揮ヘルシンキ・フィル(2002年録音/ONDINE盤) ベルグルンドに比べるとかなりダイナミックな表現です。ある意味「伝統的なロシア風」な演奏に近いのかもしれません。それでも本物のロシアの楽団に比べればずっと節度を持った表現ですのでぎりぎりの所で踏みとどまっています。その危うさが魅力かもしれません。それに流石はヘルシンキ・フィルで美しい部分はとことん美しいです。後半楽章のスケールも大きく、1番の演奏としてはベルグルンドよりもセーゲルスタムを好む人はきっと多いと思います。録音も優秀です。

Cci00021m渡邉暁雄指揮ヘルシンキ・フィル(1982年録音/TDK盤) ヘルシンキ・フィル初来日の時の福岡サンパレスでのライブ録音ですが、流石はTDKで非常に優秀な録音です。ベルグルンドのEMI盤あたりと比べても余り差を感じません。それより何よりも演奏の素晴らしさに感激します。アケさん(渡邉暁雄はそのように親しみを込めて呼ばれていました)はこれ以前にも既に8回くらいこのオケを振ったことが有ったそうです。このCDの余白にはこの時のリハーサルの録音が収録されていますが、フィンランド語で楽員に細かく指示するアケさんへの尊敬の念はかなりのものだったそうです。この時この楽団のクラリネット奏者であったオスモ・ヴァンスカは後年そのように述べています。ゆったりと優しさに溢れた演奏ですが、とりわけ第1楽章と終楽章の息の長い旋律がこれほど感動的な演奏は他に知りません。

249 ユッカ=ペッカ・サラステ指揮フィンランド放送響(1993年録音/FINLANDIA盤) ライブ録音なので始めのうちは演奏が何となくパリッとしないのと、録音が幾分こもり気味なのが欠点ですが、聴き進むうちに感興がどんどん高まってきて思わず引き込まれます。特に終楽章は感動的で、アケさんと並ぶ程です。余計なことですが、この演奏を聴かされたサンクトべテルブルクの聴衆は果たしてこの演奏の真価を理解してくれたでしょうか。

369 オスモ・ヴァンスカ指揮ラハティ響(1996年録音/BIS盤) この演奏もシベリウスとしてはセーゲルスタム以上にダイナミックな表現です。音の素朴さではヘルシンキフィル以上ですが、時折木管楽器がしみじみと吹くのが大変に魅力的なのはやはりヴァンスカが木管奏者だったからなのでしょう。全体的に非常にロマンティックで表情豊かに細部にこだわりを見せるのはヴァンスカならではです。荒々しい部分ではかなり徹底していますが、やはり紙一重で行き過ぎた踏み外しをしない(多少している?)のもさすがです。

以上はどれも好きなのですが、特に僕が個人的に好んでいるのは、最も優しさを感じて感動的な渡辺暁雄/ヘルシンキ・フィルのTDK盤とダイナミックで表情の豊かなヴァンスカ/ラハティのBIS盤です。

この他の1番の演奏では、LP時代に聴いたロジェストヴェンスキー/モスクワ放送響はロシア的でワイルド、繊細さの無い演奏だったので好みではありませんでした。CDでは上記以外でネーメ・ヤルヴィ/エーテボリ響が結構気に入った演奏でした。サカリ・オラモ/バーミンガム響は響きが無機的に聞こえる所が多くて余り好きでは有りません。バルビローリ/ハレ管は決して嫌いでは無いのですが、北欧の空気感がいまひとつなのとEMIのリマスターが高音が強調されていて聴き辛かったです。エールリンク/ストックホルム・フィルなんてのも有りましたが録音も古いしほとんど印象に残っていません。最後に渡辺暁雄が日本フィルを振った演奏の方はオケが非力過ぎて通常の鑑賞には向いていません。

この他に皆さんがお気に入りの演奏が有ればぜひ教えて頂きたいと思います。次回は順番で第2番です。

<関連記事>
「若き日のオッコ・カムのシベリウス」

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2009年3月 7日 (土)

シベリウス 交響曲全集 名盤 ~シベリウスの音楽に思うこと~

Si12352883
フィンランドの生んだ大作曲家ヤン・シベリウスは、交響曲第5番の楽譜に自ら「自然の神秘と生の憂愁」と書き記しました。けれどもそれは、シベリウスのほとんどの作品について当てはまります。特に後期の作品になると、心象風景やあるいはもっと大きな「宇宙の摂理」といったものさえを感じさせるのです。そういう意味では、曲想こそ異なるとは言えアントン・ブルックナーの音楽と共通している面が有ると思います。両者の音楽は同じように外面的な演奏を著しく嫌います。もしも演奏に演出効果を狙ったりすると音楽の持つ意味が全く感じられなくなってしまうのです。ひたすら真摯に音楽に帰依する演奏家のみが彼らの曲を演奏する資格を得られます。言うなれば「音楽を真に演奏できるのは、音楽に選ばれたる者のみ」ということなのです。

シベリウスの完成された交響曲は全部で7曲です。音楽に選ばれた指揮者が演奏をする場合には例外なく全てが名演になります。逆にそうでない指揮者が演奏をすると、およそ全く魅力を感じさせません。その意味では、シベリウスの曲のCDを選ぶときにはなるべく単独で選ばずに全集単位で購入するのがベストだと思います。また、そのほうが其々の曲を理解し易くなる利点が有るとも思います。

僕がこれまで聴いてきたシベリウスの交響曲全集の中で、愛聴盤をご紹介します。

Cci00010b パーヴォ・ベルグルンド指揮ヘルシンキ・フィルハーモニー(EMI盤) シベリウスファンに絶賛された素晴らしい演奏です。シベリウス演奏を知り尽くし極め尽くしたヘルシンキ・フィルが名匠ベルグルンドの下で繰り広げる演奏は正にリファレンスと言っても差し支えないでしょう。合計3回の全集録音をしたベルグルンドの、これは2度目のものです。3度目のヨーロッパ室内管のもの高い評価を受けていますが、オーケストラの音の質の点でヘルシンキ・フィル盤のほうが優れていると思っています。

949 レイフ・セーゲルスタム指揮ヘルシンキ・フィルハーモニー(ONDINE盤) 同じヘルシンキ・フィルを指揮してもベルグルンドよりずっとスケールの大きさが有ります。適度の荒々しさと美しさの両立が実に魅力的でとても好きな全集です。セーゲルスタムには、以前デンマーク国立放送響を指揮した全集が有るのですが、そちらは少々荒々しさが過ぎている気がします。このセットには、ヴァイオリン協奏曲をフィンランドのペッカ・クーシストの弾く最高の演奏が含まれているのも大変嬉しいです。

Si34v オスモ・ヴァンスカ指揮ラハティ交響楽団(BIS盤) ヴァンスカはラハティ響をヘルシンキ・フィルと並ぶ優秀なオーケストラに育て上げてました。かつて東京のトリフォニーホールで全曲演奏会を行ったのですが、僕は残念ながら聴き逃しています。それが本当に悔やまれるほど、これは素晴らしい演奏です。この全集はシベリウス・ファンには既に良く知られた名盤ですが、第5番は初稿と通常版との両方の録音が収録されているのが非常に貴重です。

Saraste ユッカ=ペッカ・サラステ指揮フィンランド放送響(FINLANDIA盤) これはサラステがロシアのサンクトペテルブルクで全曲演奏会を行ったときのライブ録音です。演奏の完成度が非常に高いので、恐らくはリハーサル時の録音との編集だと推測します。オーケストラも優秀ですがサラステの造る音楽はとても優れています。サラステは2008年8月にヴァンスカの後任としてラハティ響の音楽監督に就任しましたので、交響曲全集の新録音に大いに期待したいところです。

Sicci00019 オッコ・カム&渡邉暁雄指揮ヘルシンキ・フィルハーモニー(TDK盤) これは1982年に日本の各地でコンサートツアーが行われた時に収録されたものです。1、4、7番を渡邉が指揮して、2、3、5、6番をカムが指揮していますが、二人のロマンティックな指揮ぶりがとても似通っているので、これを全集として聞いても何ら違和感が有りません。残念ながらセットものでは売られていませんが、5枚の単売CD全てを絶対に揃えるべきです。それぐらい素晴らしい記念碑的な演奏記録です。

Si44wata渡邉暁雄指揮日本フィルハーモニー(日本コロムビア盤) 渡邉暁雄は母方がフィンランド人ですので、シベリウスと同じ血をひいています。当然シベリウスの音楽にはこだわりが有り、全集も2度録音しました。これは2度目の方ですが、日本人指揮者の優れた演奏としては朝比奈隆のブルックナーと並ぶものと考えます。残念なのは朝比奈と同様にオーケストラの実力が海外の一流オケと比べて聞き劣りすることです。従ってこれは番外扱いにしたいと思います。

パーヴォ・ベルグルンド指揮ヨーロッパ室内管(FINLANDIA盤)も素晴らしいのですが、ヘルシンキ・フィルと比べるとどうしても準愛聴盤扱いに成ってしまいます。
それ以外に過去入手した全集としては、ネーメ・ヤルヴィ指揮エーテボリ響(BIS盤)、サカリ・オラモ指揮バーミンガム市響(ワーナー盤)、シクステン・エールリンク指揮ストックホルム・フィル(FINLANDIA盤)、アンソニー・コリンズ指揮ロンドン響(DECCA盤)といったところですが、残念ながら愛聴盤には成り得ませんでした。

その他にも、ロシア、イギリスなどの指揮者、楽団がかなりの数の録音を行っていますが、結果的に母国フィンランド人がフィンランドの楽団を指揮した演奏ばかりを選んでしまいました。これは音楽への共感と響きの純度の点で、他国の演奏家では簡単に越えられない壁だからです。単に演奏技術が高いだけではどうにもなりません。

僕はシベリウスを聴く時には大抵その時に気が向いたものを全集単位で選んで聴いています。ですので各曲を単独で比較することは余り無いのですが、今回は丁度良い機会でもあるので、改めて第1番から順番に全集以外のCDも交えながら聴き比べてみようと思います。気長にお付き合い下されば大変嬉しい限りです。

<関連記事>
ヤルヴィの2度目の録音の全集も非常に素晴らしく、従来の愛聴盤に肩を並べます。
ネーメ・ヤルヴィ/エーテボリ響のシベリウス交響曲全集 新盤

ついに実現したカムの全集録音。過去の名盤を凌駕する最高のシベリウスです。
オッコ・カム/ラハティ響 シベリウス交響曲全集 新盤

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

シベリウス ヴァイオリン協奏曲二短調op.47 名盤

Finland_main

北欧は森と湖の国フィンランドの作曲家ヤン・シベリウス。僕はこの人の音楽が大好きです。その音楽の特徴はフィンランドの自然や風土を表わしながら、いつしか心象風景をも感じさせることです。彼の作品では何といっても7曲の交響曲が傑作ですが、それらの真の魅力を聴き取るにはある程度の時間をかけてじっくりと鑑賞していく必要が有ります。その点、もっとずっと親しみやすくポピュラーな作品といえばヴァイオリン協奏曲二短調です。この曲は第一楽章が始まったとたんに北欧の清涼な空気が流れてくる気分になりますし、曲が進むと更にうっそうとした森の中分け入ったり、凛とした一輪の花が咲いている雰囲気だったりと正に北欧の自然そのものなのです。第二楽章はあたかも北欧の夏の夜想曲。涼しく静かに夜が更けて空には満点の星空が・・・というイメージです。第三楽章は一転して何やら荒々しいリズムの原始的な舞曲のようです。但しそれは決して大げさなものではなくて、ずっと内省的なものなのです。僕はこの曲は大好きで、あまたのヴァイオリン協奏曲の中でもベートーヴェン、ブラームスに次ぐベスト3の位置をチャイコフスキーと争います。

それではそんな僕の愛聴盤をいくつかご紹介させて頂きます。

51u0djixiqlダヴィド・オイストラフ(Vn)、オーマンディ指揮フィラデルフィア管(1959年録音/CBS盤) この曲は、演奏効果を狙って過剰に歌いまわしたりすると本来の魅力が歪曲されてしまいます。たとえばオイストラフとロジェストヴェンスキーのライブ盤が典型です。バイオリン演奏的には優れていても、シベリウスとして優れているかと言うと別なのです。モスクワ放送響の音がまるでチャイコフスキーなのも頂けませんでした。同じオイストラフならば、このオーマンディ伴奏盤の方がむしろシベリウスの音楽には近いと思います。この曲にしては人間的な温かみが少々過剰ですが、それを好む方もおられることと思います。

053 チョン・キョンファ(Vn)、プレヴィン指揮ロンドン響(1972年録音/DECCA盤) これは昔から評論家の宇野功芳先生が激賞してきた名盤です。僕もこの演奏でこの曲の魅力を長いこと堪能してきました。キョンファのバイオリンの音は端正で余計な脂肪分が無く、厳しさと優しさが両立しているのがこの曲の持つ雰囲気にピッタリなのです。若い頃の彼女の独特の切れ味もまた魅力となっています。プレヴィンの伴奏オケも同傾向で非常に美しく、この演奏はいまだにこの曲の名盤の一角を占めていると思います。

Sicci00015 チョン・キョンファ(Vn)、ラトル指揮フィルハーモニア管(1982年録音/DRUMCAN盤) この演奏は正規盤ではなく所謂海賊CD-R盤です。ですが演奏も録音も非常に素晴らしいので是非ご紹介します。DECCA盤よりも後年の演奏だけあってずっと円熟味を増したゆとりを感じますが、音楽の厳しさは相変わらずです。ラトルの伴奏も美しさと厳しさを持っていて非常に見事です。DECCA盤と両方を楽しみたいところですが、どちらか片方を選べと言われれば僕はこの感興の高いライブ演奏の方を選ぶでしょう。

51vg6rqyvl五嶋みどり(Vn)、メータ指揮イスラエル・フィル(1993年録音) 五嶋みどりが初期に録音した演奏です。1楽章ではクールに端正に弾いていて中々の出来栄えです。けれども2楽章では、あの北欧のロマンの表現に少々物足りなさを感じます。また3楽章ではリズムや表情に僅かですが妙なクセが感じられます。キョンファが曲の魅力を十全に感じさせてくれるのとは異なります。メータ指揮のオケは伴奏としては素晴らしいのですが、シベリウスの透徹した美しい響きには遠いと言わざるをえません。その点、この曲よりもむしろカップリングの「スコットランド幻想曲」のほうが楽しめます。

Sibe_vnc ペッカ・クーシスト(Vn)、セーゲルスタム指揮ヘルシンキ・フィル(1996年録音/ONDINE盤) 元々本場物に人一倍こだわりのある僕を心底満足させる名演が有ります。クーシストは1995年、19歳にして母国のシベリウス・コンクールに優勝して、その翌年にこのCDを録音しました。フィンランドでは大変なベストセラーになりましたが、日本ではほとんど知られていません。端正で凛とした美しさの音はキョンファにも通じますが、キョンファが時折演奏家の個性を感じさせるのに対して、クーシストはシベリウスの音楽そのものしか感じさせません。これは個性が無いこととは全く異なり、それでこそシベリウスの音楽は生きるのです。過剰な表現が一切無いのに全然物足り無さを感じません。技術的にも優秀ですが、それより何より、母国の偉大な芸術家への敬愛の念というものを、この演奏以上に感じさせられたことは有りません。セーゲルスタム/ヘルシンキ・フィルの演奏も非常に美しく、時には荒々しくと正に理想的で、あらゆる中でベストのオーケストラ伴奏と言えます。これは音楽と演奏とが真に一体化した最高の演奏です。

9d22f1f4 諏訪内晶子(Vn)、オラモ指揮バーミンガム市響(2002年録音/フィリップス盤) このCDは実はジャケット買いしました。(^^) なんという美しいお顔でしょうか!美人に滅法弱いワタクシはイチコロなのです。ですので大甘の演奏評価になるとは思いますが、実は掛け値なしに素晴らしい演奏なのです。この曲の特徴あるリズムやフレージングの掘り下げが実に見事です。楽器の音もやはり端正で余計な脂肪分の無いタイプですので、シベリウスに向いています。やはりシベリウスは「クール&ビューティ」でなくては!そういえばやはり女性に弱い宇野先生も最近は推薦盤をキョンファからこの諏訪内に寝返りさせました。まったく齢がいもなくねぇ。(笑) ただ、彼女は一昨年僕がこの曲を生で聴いた時、更には昨年秋のNHK音楽祭と、確実に音楽の深みを増しています。やはり山谷有りの人生経験は人そのものを成長させるのでしょうね。

659ヒラリー・ハーン(Vn)、サロネン指揮スウェーデン放送響(2007年録音/グラモフォン盤) 彼女は若いし可愛いのでおじさん的には贔屓したいのですが、美しい音で楽譜に忠実に弾いているのは良いとしても、どうも演奏家の意思が余り感じられません。この曲はやたらに熱く弾かれても違和感を感じますが、余りに客観的に弾かれても退屈してしまいます。若い彼女にはまだまだシベリウスの音楽を自分のものにできていないような気がします。同じ若い奏者でもシベリウスの母国フィンランド生れのクーシストと比べてしまうとその差は大きいです。特に第1楽章に音楽の掘り下げ不足を感じます。それでも、第2楽章では中々に美しく弾いていますし、第3楽章は若々しい躍動感が有って楽しむことができます。サロネンの指揮は、さすがにフィンランド出身ということもあり素晴らしい演奏です。

この他では、オーケストラ演奏に期待して、ミリアム・フリード(Vn)、オッコ・カム指揮ヘルシンキ・フィル盤とか、カヴァコス(Vn)、ヴァンスカ指揮ラハティ響盤、あるいはイダ・ヘンデル(Vn)、ベルグルンド指揮ボーンマス響盤なども聴いてはみましたがいずれもオーケストラの伴奏は良いのですが、バイオリンに魅力を感じません。フリードは上手いのですがシベリウスらしくありませんし、ヘンデルとカヴァコスにはテクニックに頼り無さを感じます。僕の大好きなバイオリニストのシェリングとロジェストヴェンスキー盤も全くの期待はずれでした。

ということで、マイ・フェイヴァリットは圧倒的にクーシスト/セーゲルスタム盤です。次いではキョンファ/ラトル盤とプレヴィン盤、そして諏訪内晶子/オラモ盤です。CDジャケットで選べば、もちろん諏訪内晶子が断トツです。って何だか訳が分からなくなって申し訳ありません。(苦笑)

<関連記事>
シベリウス ヴァイオリン協奏曲 続・名盤 ~二つのヘルシンキ・ライブ~

<補足>
五嶋みどり/メータ盤を追記しました。

| | コメント (35) | トラックバック (1)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »