« J.S.バッハ「クリスマス・オラトリオ」 クルト・トーマス/聖トーマス教会合唱団の名盤 | トップページ | ベートーヴェン 交響曲第9番ニ短調op.125 「合唱」 名盤 ~第九CDざんまい~ »

2008年12月27日 (土)

ブラームスの室内楽 弦楽六重奏曲 名盤 ~恋人達~

Koibitotachi

ブラームスは弦楽器だけの編成による室内楽曲としては、四重奏曲を3曲(作品51の1と2、作品67)、五重奏曲を2曲(作品88、作品111)、六重奏曲を2曲(作品18、作品36)作曲しました。ご覧の通り、作品番号は早い方から六重奏→四重奏→五重奏の順です。そのため六重奏にはどことなく若書きの未熟さも感じられ、曲の深さ、充実度から言えば五重奏、四重奏が優れると思います。けれども逆に難解だとは言わないまでも、曲想がかなり渋みを帯びているので、五重奏、四重奏については他のピアノや管楽器入りの曲に親しんでから聴いても決して遅くはないと思います。その点、六重奏は曲も解り易く聴き易いですし、ヴィオラとチェロをダブルにしている為に重厚なシンフォニーのような響きをかもし出していて、ても魅力的な佳曲だと思います。ここでは、その六重奏曲についてご紹介することにします。

弦楽六重奏曲第1番 変ロ長調op.18

ブラームスがまだ27歳の時に書いただけあって、青春の息吹に溢れるロマンティックな名曲です(まあ、この時も絶対に彼は恋をしていたでしょうね)。ですが、そこはやはりブラームス、師匠シューマンと比べれば甘さは控えめですし、甘さの中にも渋味がたっぷりと含まれた「一番絞り」という感じです。楽章としては、第2楽章アンダンテが名匠ルイ・マレ監督、名女優ジャンヌ・モロー主演の映画「恋人達(Les amante)」のテーマ曲として使用されたので有名です。名旋律が何度も何度も繰り返し変奏される名曲です。けれども個人的には第1楽章アレグロ・マ・ノントロッポが、それ以上の傑作だと思います。若い情熱に溢れているのに、何故か昔を懐古しているような曲想はいかにもブラームス。全く精神年齢不詳の青年です。この第1楽章は映画「恋人達」の中では濃厚なラブ・シーンで使用されています。1、2楽章が非常に優れているので、3楽章以降が幾らか聴き劣りはしますが、もちろん水準以上ですし、1、2楽章の感動の余韻を充分に楽しんでいられます。

弦楽六重奏曲第2番 ト長調op.36

第1番に比べるとかなり地味な曲ですが、いじらしいほどに甘く優しい雰囲気に溢れる名作です。それもそのはず、ブラームスは当時婚約者のアガーテに熱烈だったです。なので、この曲は別名「アガーテ」とも呼ばれます。心静かに曲を味わうには、第1番よりもむしろ第2番の方が向いているかもしれません。第1、第2楽章の幸せ一杯の雰囲気に比べて、第3楽章にはどことなく不安な気分が顔を出すのはブラームスの『またも失恋』への予感からでしょうか。こと恋愛に関してはつくづく気の毒な男だと思います。だから、よけいに親近感(連帯感)が湧くのかもしれません??

ということで、この2曲は、どちらも「恋」のイメージに結び付きます。天涯孤独のブラームスの若き幸福な日々を想像するだけでも楽しいではありませんか。

―第1番変ロ長調op.18―

Cci00043 スターン(Vn)、シュナイダー(Vn)、カティムス(Va)、カザルス(Vc)他(1952年録音/CBS SONY盤) カザルスが主催したプラド音楽祭の開催中に行われた録音ですが、この演奏の凄さを何と表現したら良いのでしょう。昔、僕がまだ学生時代にこの演奏のLPを聴いて心底打ちのめされました。カザルスを中心とした豪華メンバーが音楽に真摯に立ち向かい、とてつもなく気宇の大きい魂の演奏を繰り広げるこの演奏だけは未だに比較出来る対象の無い孤高の極みに達していると思っています。1楽章では喘ぐような大きな歌が本当に感動的です。2楽章では荒々しい楽器のぶつかり合いが美感を損ねているほどですが、はらわたをえぐられるような壮絶さは他の演奏がみなムード的に聞こえてしまうほどです。この演奏を耳にして平静で居られるような聴き手は絶対に存在しないと思います。全てのクラシックファン必聴の歴史的名盤だと言えます。

409 ウイーン・コンツェルトハウス四重奏団他(1951年録音/ウエストミンスター盤) このCDは、古き良き時代の柔らかい、あの本場ウイーンの演奏を味わうことが出来るので、とても価値が有ります。ブラームスの甘い青春の息吹を感じるという点では、この曲の本来の姿に一番近いのかもしれません。その分重厚さは余り有りません。1、2楽章よりもむしろ終楽章がとても楽しめます。このCDはピアノ五重奏曲の名演とカップリングになっているのが嬉しいです。

Brahms-1pclegzhxl_ac_ メニューイン(Vn)、アロノヴィッツ(Va)、ジャンドロン(Vc)他(1963年録音/EMI盤) メニューインを中心として親交ある名手達が集まった録音ですが、カザルス達の火の出るような壮絶さとは異なり、しっとりと穏やかに心の奥深くに染み入るような演奏です。聴き手によっては地味に感じられることでしょうが、この滋味あふれる良さが感じ取れれば、この演奏が宝物のように思えることでしょう。それは主宰するメニューインそのものにも当てはまります。録音も良好です。写真は第2番となっていますが二曲のカップリングです。

Brahms-vl_ac_sl1417_ アマデウス四重奏団、アロノヴィッツ(Va)、プリース(Vc)(1966年録音/グラモフォン盤) 1stVnのブレイニンが良く歌わせていますし、基本テンポが比較的速めで、表現にはそれなりの激しさも有るものの、良く言えば中庸、悪く言えば中途半端という気がします。しかし名手が揃っているだけあって第2楽章の展開部などでは高揚して聴き応えも有ります。二曲揃ったCDとしては一般的に長く代表的な存在でしたが、個人的にはそこまで特別な魅力は感じません。

Cci00050b アマデウス四重奏団、アルバンベルク四重奏団各メンバー(1990年録音/EMI盤) 個人的にはアマデウスSQは余り好きではありません。第1ヴァイオリンのブレイニンの過剰な表現とわざとらしさが大抵の場合に鼻についてしまうからです。ところがこの演奏には、大変に真実味が有り素晴らしいです。というのも、この演奏は長年の盟友であったヴィオラ奏者シドロフの追悼演奏会の後に、再び実現したABQメンバーと共演したライブ録音だからです。音そのものは非常に綺麗なのですが、第1楽章や第2楽章での喜びや哀しみをなり振り構わずに大きく歌う演奏には目頭が熱くなります。これはカザルスたちの演奏に迫るほどの、以前のグラモフォンの録音とは全く次元の異なる名演奏だと思います。

Brahms_sextet_front ルッツ・レスコヴィッツ(Vn)、エミール・クライン(Vc)、他(1995年録音/ARTE NOVA CRASSICS) ザルツブルク出身のヴァイオリニスト、ルッツ・レスコヴィッツは、ピアニストのイエルク・デームスと50年もの間、デュオを組んだ大ベテランです。その氏がチェロのエミール・クライン他の知名度は低くとも実力者達と行った録音です。演奏は極めて美しく、ブラームスの青春の息吹が心に染み入るような柔らかい歌い方で聴かせてくれます。ゆったりとしたウイーン的な魅力に溢れます。レスコヴィッツ氏のヴァイオリンも誇張や恣意的な表現を排除して大変美しく、この名曲に独特の輝きを与えています。CDは残念ながら廃盤となっています。(より詳しくは下記関連記事を参照)

次はマイナーレーベル盤ですので番外として上げておきます。

Cci00052_2 ブッシュ四重奏団他(1949年録音/Music&Arts盤) これはブッシュ四重奏団たちの晩年のライブ録音です。というのも、モノラル録音なのはやむを得ないとしても、幾ら年代を考慮しても音質が悪過ぎます。それでも、この演奏の持つ深く濃厚なドイツ浪漫はひとつの聴きものではあります。よほどのファン以外にはお勧め出来ませんが、現代では失われてしまった戦前のドイツロマンを受け継いできた偉大なカルテットの演奏ということで、大変貴重な記録です。

Brahms-51mbmz9qbal ジュリアード四重奏団他(1965年録音/Dremi盤) ワシントンの米国議会図書館でのライブ録音で、彼らはこの曲の正規録音は行っていませんので大変貴重です。ヴィオラにトランプラー、チェロにはパーナスが参加しています。かつて彼らは精密機械みたいで味気無いというイメージでしたが、よく聴けばロバート・マンのロマンティックな資質がそこに見え隠れていて、機能性と情緒性の両方を兼ね備えた演奏です。一音一音を噛みしめ、熱い青春の息吹を感じさせて感動的です。終楽章の立体的な造形性もすこぶる聴き応えが有ります。録音は同時代のCBSの残響控え目で分離の良い音と似かよっています。音揺れも有りません。(より詳しくは下記関連記事を参照)

―第2番ト長調op.36―

Cci00051 ウイーン・コンツェルトハウスSQ他(1954年録音/ウエストミンスター盤) これも前述の第1番と全く同様に、古き良き時代の柔らかいウイーンのローカルな味わいを聴ける素晴らしい演奏です。アントン・カンパーの歌わせるヴァイオリンが何とも懐古的、情緒的で味わい深く、大変に魅力的です。第2楽章の何とチャーミングなことでしょう。全体の演奏の出来映えとしても、第1番よりも第2番の方が優れていると思います。このCDのカップリングは弦楽五重奏曲第1番ですが、そちらもやはり魅力的な演奏です。

Brahms-1pclegzhxl_ac_ メニューイン(Vn)、アロノヴィッツ(Va)、ジャンドロン(Vc)他(1964年録音/EMI盤) カップリングされた第1番と同じように、メニューインを中心として親交ある名手達が集まった録音です。実にゆったりと穏やかに心に染み入るような演奏ですが、作品の曲想からしても第1番以上に適しています。少しも大げささが無く、いじらしいほどに滋味深い愛情表現がこの曲の魅力を最大限に感じさせてくれます。それもこれも主宰するメニューインの偉大さからでしょう。録音も良好です。

Brahms-vl_ac_sl1417_ アマデウス弦楽四重奏団、アロノヴィッツ(Va)、プリース(Vc)(1968年録音/グラモフォン盤) 1楽章はリズムが明確で器楽的には聴き応えが有るかもしれませんが、作品の持つ優しい情感の表出はいま一つです。2楽章にも同じようなことが言えます。しかし3楽章ではミステリアスな曲想にマッチして中々に聴かせます。4楽章もリズミカルに躍動する曲想に相応しい演奏が楽しむことが出来ます。全体通して決して悪くは無いのですが。

Cci00050 アマデウス四重奏団、アルバンベルク四重奏団各メンバー(1987年録音/EMI盤) これはアマデウスSQの盟友シドロフの追悼演奏会のライブ演奏です。ここには、旧グラモフォン盤での表現のわざとらしさは影を潜め、心からの歌を歌っているのに胸を打たれます。彼らは長年の盟友を失うことで、初めて真実の音楽表現が可能になったとすれば何とも皮肉なものですね。ただ、この曲のいじらしい曲想にしてはブレイニンの演奏の表情づけが大き過ぎるようにも感じますし、ライブという条件を考慮しても音程が甘いのが気になります。演奏そのものの出来栄えとしては前述の第1番の方が上回ります。

Brahms_sextet_front ルッツ・レスコヴィッツ(Vn)、エミール・クライン(Vc)、他(1995年録音/ARTE NOVA CRASSICS) 第1番で上述した、ルッツ・レスコヴィッツが、クライン他の実力者達と行った録音です。やはり極めて美しい演奏ですが、第2番は第1番以上に曲に向いていて、恋人アガーテへの思い、優しさが一杯に溢れ出ています。この曲が第1番に肩を並べる名曲であることに改めて気づかせてくれて、過去の名演奏を忘れさせるほどに素晴らしい内容です。第1番と同じディスクに収められています。

こちらも番外としてご紹介します。

Brahms-51mbmz9qbal ジュリアード四重奏団他(1964年録音/Dremi盤) 上述した第1番と同じディスクにカップリングされているワシントンの米国議会図書館で行われたライブ録音です。ヴィオラにトランプラー、チェロにはグリーンハウスが参加しています。第1番と同様に機能性と情緒性の両方を兼ね備えた演奏で、マンを中心にどのメンバーもよく歌っていますが、表情の度をわきまえているように感じられます。しかし第2楽章スケルツォのあのいじらしい主題は何ともチャーミングに演奏されます。録音も第1番とほぼ同じ残響が控え目で楽器の分離の良い音ですが、幾らか鮮度が劣ります。

ということで、11月に始めたブラームスの室内楽特集も今回で、はや9回目。ひとまずは最終章とします。まだまだ触れたい曲も残ってはいますが、それはまたの機会にということで。皆様、ご笑読と多くのコメントを大変有り難うございました!

<関連記事>
ブラームス 弦楽六重奏曲集 ジュリアード四重奏団のライブ盤
ブラームス 弦楽六重奏曲集 ~隠れ名盤~ ルッツ・レスコヴィッツ他盤

|

« J.S.バッハ「クリスマス・オラトリオ」 クルト・トーマス/聖トーマス教会合唱団の名盤 | トップページ | ベートーヴェン 交響曲第9番ニ短調op.125 「合唱」 名盤 ~第九CDざんまい~ »

ブラームス(室内楽曲)」カテゴリの記事

コメント

ハルくんさん、こんばんは!
ブラームスの弦楽六重奏はデームス/ウィーン・コンツェルトハウスQのを愛聴してます。カンパーの音色はブラームスの哀愁漂う旋律にぴったりですね!もっとも、その哀感が強調される感じ、ブラームスが嫌いな方には余計ツライ演奏かもしれませんが(苦笑)。

ブダペストQの弦楽四重奏も絶品ですね。以前ブログへのエントリーしたのですが、特に3番はうぐいすも愛聴してます。ただ、四重奏も音楽自体がすでに重厚なため、逆に軽い感じの演奏も聴いてみたいのですよ。HMVのサンプルで聴いた限りでは新ブダペストQなんて悪くなさそうだったのですけど、どうかなあ・・・まあぼちぼちとこれから探してみたいと思ってます。

投稿: うぐいす | 2008年12月27日 (土) 23時51分

うぐいすさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。

ブラームスファンで無くても六重奏ならば馴染みやすいと思いますが、爽やかな演奏の方がより良いのかもしれませんね。しかし、いっそカザルス盤の方がファン云々する以前に圧倒されてしまう演奏なので逆に良いかなとも思います。

ブダペストQの四重奏と五重奏はどの曲も本当に絶品です。これに六重奏も残してくれていたらなぁ、とつくづく思ってしまいます。
軽い感じの演奏を探すという事は思い付きませんでした。(笑) 正直どうかなとも思いますが、見つかりましたら是非ご紹介ください。

投稿: ハルくん | 2008年12月28日 (日) 07時41分

こんばんは。

1番の一楽章がいいとの評に初めて出会いました。私も全く同意見です。有名な二楽章よりも一楽章のほうが素晴らしいと思うのですが、そのような評を見ることは滅多にありません。

私の好きな演奏はいくつかエントリしてますが、1番ではライプツィヒSQ他、シュツットガルト・ソロイスツ、レ・ミュジシャン、ラルキブデッリです。2番はライプツィヒSQが最高で、あとラルキブデッリを聴きます。私は2番のほうが好きですね。やはり天邪鬼でしょうか(笑)。
五重奏では2番はメロスSQが大好きです。

投稿: dokuoh | 2008年12月28日 (日) 22時09分

dokuohさん、こんばんは。

1番は絶対に第1楽章のほうが良いですよ。第2楽章は聴き過ぎると飽きかねないです。

私は曲としては、やっぱり第2番よりも第1番の方が好きですかねえ。むろんどちらも好きですが。

五重奏のメロスQは聴いていませんので興味有りますね。機会有れば聴いてみます。

投稿: ハルくん | 2008年12月29日 (月) 00時11分

ハルくんさん、こんばんは。

こちらで拝見して、ずっと欲しいなあと思っていたブダペストSQの全集を買い求めました。弦楽五重奏曲、大好きなのです。

ブダペストSQの渋く、くすんだ音色が たまりません。おかげさまでいい出会いをしました。ご紹介ありがとうございました。  

投稿: ANNA | 2010年3月31日 (水) 23時17分

ANNAさん、こんばんは。

またまた古い記事へのコメントありがとうございました。とっても嬉しいです。

ブラームスの弦楽五重奏がお好きだとは、本当にANNAさんは「渋好み」ですね~(笑)

ブダペストSQ良いでしょう!何を隠そう(ちっとも隠してない?)この渋い渋い音色が僕は好きでたまらないのです。
余談ですが、ベートーヴェンの弦楽四重奏全集もイイですよ~。特に14番、15番の孤高の厳しさはちょっと別格です。そのうち記事にしたいと思っていますが。

投稿: ハルくん | 2010年3月31日 (水) 23時37分


こんばんは^^

以前の記事へのコメント、失礼します~っ
ブラームス弦楽六重奏1番のCD、どれを買おうか迷っていたところ、ハルくんさんの記事で即決です!
ただいま、スターン盤をポチってきました。
第2楽章をきっかけにこの曲と出会いましたが、「第2楽章、聴きすぎると飽きかねる」には、思わず頷いちゃったり。。
CD到着、楽しみです!

投稿: micchik | 2011年5月18日 (水) 23時40分

micchikさん、こんばんは。

いえいえ、こんなに古い記事へコメントを頂けると、とっても嬉しいです。
スターン盤は、精神的支柱はカザルスなのですけど、本当に素晴らしい演奏ですよ。第2楽章も、この演奏だと全然飽きません。とにかくお聴きになられてみてください。
ご感想も是非!楽しみにしていますね。

投稿: ハルくん | 2011年5月19日 (木) 00時17分

作品111の弦楽五重奏(2番:ト長調)はいいですね。ブラームスの滋味が凝縮されています。やはり3拍子系はこの作曲家の得意分野なのではないでしょうか。腰をためた分厚い弦楽の響きが素晴らしい。個人的には第1楽章の繰り返しは省略してもいいのではないかと思うのですが、どうなんでしょうね。

明るい曲調の中に郷愁がにじみ出る感じ。本物は派手な表現によってではなく、にじみ出るものだということがよくわかります。フォーレの後期作品とともにロマン派室内楽の最高峰の一つだと思います。

投稿: NY | 2012年5月26日 (土) 19時52分

NYさん、こんばんは。

弦楽五重奏曲第2番は円熟しきった名作ですね。第1番のほうも凄く好きですけれど。
やはり四重奏にヴィオラ一本が加わると、ずっと厚い響きになり、いかにもブラームスらしくなります。
3拍子系は得意ですね。振幅が大きく、そこに更にシンコペーションで旋律が乗ったりすると、これぞブラームス!って感じになります。
ただ、確かに第2番の1楽章は少々長過ぎに感じられなくもありませんね。

フォーレの晩年の室内楽も最高ですね。仰る通りに、ロマン派室内楽の双璧ではないですか。


投稿: ハルくん | 2012年5月27日 (日) 00時18分

こんばんは。

①カザルス、②コンツェルトハウスの2枚を入手。ようやく縁が在りました苦笑。

①カザルスの存在からか重心が低く、特に第2楽章は踏み込むようにリズムを付けています。

②中高音での繊細にも力強くも感じるカンパーのしなやかな音色、伸びに参ります。

第1楽章は演奏から①が遅めのテンポに感じていたら、演奏時間自体は逆で②より2分も短い...チョットした驚きで、①には何か「引力」が在ります。自分のボキャブラリーではココ迄です苦笑。

管弦楽を意識して書き始められたのが裏付けられる第3楽章、融合させてどうにか着地させた第4楽章といった処でしょうか。

録音年が1年しか違わないのに音の差はなかなか在るので苦笑、マスターテープを探すのに苦労され商品化してくれた日本ビクターに多謝です。

最後に、コノ曲を知った③レスコヴィッツのを久々に聴きました。近年録音で適度な残響も在るから厚みを感じるし、3楽章以降も1~2楽章の曲想を感じさせてくれるのが魅力です。

紆余曲折があった若書きの作品と判る意味では②、妙な引力を感じる①、第2楽章が終わった時点で停止ボタンを押しそうな①②と違って苦笑、③は最後まで聴きたくなります。

ご紹介下さった貴blogに改めて深謝です。

投稿: source man | 2017年11月12日 (日) 23時39分

source manさん、こんにちは。
すみません、お返事遅くなりました!

全て第1番についてですね。
ブラームスは「若書き」といえども決して稚拙ではない充実した聴き応えの有る作品がほとんどです。本当に凄いことです。
ですので演奏家にもさまざまなアプローチが可能で腕の振るい甲斐が有ろうというものですね。

投稿: ハルくん | 2017年11月15日 (水) 11時02分

ハルくんさん、こんばんは。

ブラームスの傑作揃いの室内楽の中でも、ピアノ・トリオ1番と共に若き日のみずみずしさ溢れる六重奏2曲も円熟期の作品とはまた違った魅力がありますよね。こういうブラームスもとても素敵です。

ですが、これら2曲を聴く時どうしても捨てきれない想いをいつも抱かされてしまうのです。それは、真に決定的な名盤がこの世に存在しているのに、それを知っている人・聴ける人が極々僅かしかいないということです。

その演奏とは、ザール六重奏団によるLe Club Français Du Disqueへの録音のことです。この六重奏団はかつてカール・リステンパルト主催のザール室内管弦楽団の首席奏者達によるメンバーで構成されており、リステンパルトが亡くなった際に追悼の意味を込めて録音されたと思われる演奏です。たかが室内管弦楽団の奏者と言うなかれ、これが実に素晴らしい演奏で、これを聴いてしまってからは他の演奏が全て霞んでしまうほどでした。確かにスターン・カザルス達のものもウィーン・コンツェルトハウスも十分魅力的ですが、正直な所比較すべきではないとまで思わされてしまいました。例えて言うと、それはフルトヴェングラーのシューマン4番と他の演奏との比較のように・・・(演奏の性格は全く異なりますが)

その演奏は各奏者達のアンサンブルと自発性が絶妙に絡み合ったり浮き立ったりしながら実に伸びやかで、心の籠った温かくも引き締まった音色が澄み切ったハーモニーの中で有機的に息づいており、六重奏にありがちな濁りや鈍さなど微塵も感じさせない程の響きの美しさに思わず息を呑みます。でありながらも水っぽさや薄さといったネガティブさとは無縁で、むしろむせ返るような濃ゆい弦の音の魅力に満ち満ちております。第1番第1・4楽章の濃密かつ爽やかな抒情、第2楽章の気負わずも深い悲しみと情熱、第3楽章の牧歌的ながらも溌溂とした躍動感。第2番も同様で、ブラームスの重厚さと若々しい抒情をこれほどまでにアウフヘーベンさせている演奏を私は他に知りません。

録音も極めて優秀で、最新のデジタル録音でさえこれ以上の良い音で録れるとは思えない程の超絶オーディオファイルです。しかし・・・

この演奏、信じがたいことに未だに一度もCD化されておりません。聴くことが可能なのはフランスのアナログオリジナル盤しか私は知りません。

紹介する演奏としては不適格であるのは百も承知ですが、どうしても捨てきれないほどの名演なのです。

もちろん、様々な演奏があってそれらを楽しむことを否定する気はありませんが、この演奏はこの作品を愛するお方は当然のこと、そうでない人までもを虜にしてしまうであろう超名演であることは間違いないと思っております。長文・駄文大変失礼いたしました。

投稿: げるねお | 2020年5月 3日 (日) 01時41分

げるねおさん、こんにちは。

それはまた是非とも聴いてみたい録音ですね。
追悼演奏という特別な条件がそんな演奏にさせてのでしょうか。
しかし聴きようがない録音であっては残念です。復刻もほぼ期待薄でしょうか。
げるねおさんがもしも世の音楽愛好家に聴かせたいということであれば、Youtubeにご投稿されては如何でしょう。

投稿: ハルくん | 2020年5月 4日 (月) 09時41分

ハルくん様
手元にはお挙げの、アルバン・ベルク&アマデウス各SQ団員のEMIの秀演と、レ・ミュジシャンのフランスHM盤(HMC-901073)が、ございます。後者がサラリとした感触で、件の第二楽章もあまり重々しさや悲痛さを盛り込まず、良い流れで聴かせて貰えます。メリヤス布地の衣服を着せられたブラームスと言った趣で、ユニークな好演です。こういうタイプの解釈と音色が肌に合う人なら、大のブラームス室内楽党になりそうなCDです。

投稿: リゴレットさん | 2022年5月27日 (金) 10時46分

リゴレットさん

ご紹介のレ・ミュジシャン盤は未聴ですが、フランスの演奏家にはブラームスを好む人たちが案外と多いですね。
好き嫌いは聴き手の好みの問題ですが、選択の幅が広がるのはとても良いことです。

投稿: ハルくん | 2022年5月30日 (月) 00時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラームスの室内楽 弦楽六重奏曲 名盤 ~恋人達~:

« J.S.バッハ「クリスマス・オラトリオ」 クルト・トーマス/聖トーマス教会合唱団の名盤 | トップページ | ベートーヴェン 交響曲第9番ニ短調op.125 「合唱」 名盤 ~第九CDざんまい~ »