« ブラームスの交響曲 愛聴盤の紹介 | トップページ | 国立劇場で歌舞伎「大老」 »

2008年10月17日 (金)

ブラームス ピアノ協奏曲第1番 ニ短調op.15 名盤

ブラームスはピアノ協奏曲を2曲書きました。2曲とも屈指の大作であり名曲ですが、特に第2番は古今のあまたのピアノ協奏曲の中でも最高峰だと思っています。けれどもこの第1番も、良い演奏を耳にしている時には第2番に負けないぐらいの傑作に思えてきます。しかも驚くべきことに、この曲を完成させたのはブラームスがまだ23歳の時です。この既に人生の辛さ苦さを知ったかのような深みのある音楽は一体何なのでしょう!ただ、それでも第2番と比べればずっと若々しさが感じられるのも、また事実です。

僕は以前、この曲の素晴らしい生演奏に接することができました。ラドゥ・ルプー独奏、ホルスト・シュタイン指揮バンベルク交響楽団の東京芸術劇場での演奏会です。ルプーは30年ほど前には「リパッティの再来」と呼ばれたりして随分と注目されました。その後は続々と出てくる若手の影に隠れてしまい、やや地味な存在となってしまいましたが、彼は非常に素晴らしいピアニストになっていたのです。第2楽章などは本当に心に染み入るようなデリケートなピアノで、まるで夜空の月明かりが雲の隙間から刻々と射したり隠れたりと移り行く様のようでした。事実、僕の心の中では本当に舞台のルプーを月明かりが照らしていたのです。

Cci00024ラドゥ・ルプー独奏、クルト・ザンデルリンク指揮バイエルン放送響(1990年録音/JOY盤) そのルプーには若い時代のDECCA録音も有りますが、実は米国のJOYレーベルという海賊CD-R盤にザンデルリンク/バイエルン放送響と組んだライブ演奏があります。このCDーRは録音も滅法良いですし、ルプーのあの実演での素晴らしいピアノをそのままに聴くことができます。しかもザンデルリンクの伴奏が実に素晴らしいのです。堂々とした遅めのテンポで極めて重厚であり、尚且つ情熱も兼ね備えていて非常に聴き応えが有ります。元々ブラームスはこの曲を交響曲にするつもりで書き始めたといいますが、なるほどブラームスの交響曲であの最高の演奏を行うザンデルリンクであればこその名演奏です。僕の最も愛聴する演奏ですが、いつか正規盤が発売されて広く聴かれて欲しいものです。

51p3ar0uel__sl500_aa300_ エレーヌ・グリモー独奏、クルト・ザンデルリンク指揮シュターツカペレ・ベルリン(1997年録音/エラート盤) ザンデルリンクはこの曲を女流ピアニストのエレーヌ・グリモーとも録音を残しています。オーケストラはSKベルリンですが、またしても他の指揮者とは全く次元の違う名演奏を行っています。重圧な響きが最高で、その点ではバイエルン放送響以上かもしれません。そしてグリモーのピアノがまた本当に素晴らしいです。まだまだ若い女流奏者であるにもかかわらず、このように立派で美しく、渋みをも感じさせるブラームスを弾けるとは何とも驚きです。正規録音盤の中では僕の最も好きな演奏ですし、ルプー盤に限りなく肉薄しています。

この2つの演奏が余りにも素晴らしいので、他の演奏はどうしても分が悪くなりますが、それでも好きな演奏が有るのでご紹介しておきます。

51htbkuyyql_ac_

ヴィルムヘルム・バックハウス独奏、カール・ベーム指揮ウィーン・フィル(1953年録音/DECCA盤) バックハウスがベームとステレオ録音した第2番は自分の最高の愛聴盤ですが、第1番はこの古いモノラル録音しか残していません。この時バックハウスは既に70歳近くにもかかわらず、引き締まって力感に溢れる演奏なのには驚きます。それでいて第2楽章などは淡々と弾きながらも味わいの深さは流石です。ベームも名門オケの手綱を緩めることなく、堅牢そのものの管弦楽を導き出しています。モノラルながらDECCAの録音は明瞭ですので、鑑賞には充分耐えられます。

51ghviltc5l グレン・グールド独奏、レナード・バーンスタイン指揮ニューヨーク・フィル(1962年録音/CBS盤) これは歴史的ライブ録音です。というのも演奏前にバーンスタインが客席に向かってスピーチをするのですが、その内容は「これから、かなり型破りのピアノコンチェルトを聴いてもらいますが、私はグールドの解釈に賛成は出来ません。では、なぜ指揮をするのか?ということですが、それはグールドが真剣な芸術家だからです。彼の解釈は非常に興味深いものであり、それを皆さんに聴いて頂きたいからです。」というものです。で、実際の演奏ですが、テンポは最も遅い部類です。ただ珍奇かというと、決してそんなことはありません。堂々とした良いテンポであり、スピーチから想像されるような珍奇な演奏などではありません。ブラームスの青春の孤独感と一体になった素晴らしい演奏です。(更に詳しくは下記の<関連記事>を参照のこと)

Brahms-pdvgel_ac_sl1500_ ダニエル・バレンボイム独奏、ジョン・バルビローリ指揮ニュー・フィルハーモニア管(1967年録音/EMI盤) バレンボイムが27歳の時の録音で、その後はピアニストと指揮者のどちらも本業として活躍しますが、この頃は新進の才能あふれるピアニストと認識されていました。モーツァルト演奏には定評が有りましたが、ブラームスの大曲を堂々とスケール大きく、且つロマンの香りや音楽の翳りをここまで深く表現するとは驚き以外の何物でもありません。テクニックと打鍵の明確さも充分です。バルビローリの指揮もシンフォニーの時と同じようにたっぷりとした演奏ぶりで、両者の同質性が極めて幸せな結果をもたらしました。録音も良好です。

3201100130 ルドルフ・ゼルキン独奏、ジョージ・セル指揮クリーヴランド管(1968年録音/CBS SONY盤) 硬派の巨匠ゼルキンとセルとの組み合わせです。いかにもドイツ風の真面目なピアノのゼルキンに、いつもの堅苦しさは感じられるものの、セッション録音の時よりもずっと気合と熱のの入ったセルのオーケストラ演奏が聞けます。両者ともに男性的で力強いですが、激しさと抒情性の両方をバランス良く兼ね備えた素晴らしい演奏だと思います。ですので、この演奏も非常に好んでいます。

51uhnpdsl_ac_ エミール・ギレリス独奏、オイゲン・ヨッフム指揮ベルリン・フィル(1972年録音/グラモフォン盤) 昔、LP盤で聴いていましたが、いつ頃からか好みから外れるようになりました。その理由は、第1楽章のベルリン・フィルの派手で仰々しい響きがブラームスというよりも、まるでワーグナーを想わせたからです。それは今でも変わらないのですが、しかしこれほど立派でスケール壮大な演奏も少なく、ギレリスの豪快な打鍵もこれはこれで爽快です。第2楽章の深みは今一つのように感じますが、一転してフィナーレは聴き応え充分の名演だと思います。

Untitl3 アルトゥール・ルービンシュタイン独奏、ズービン・メータ指揮イスラエル・フィル(1976年録音/DECCA盤) これは宇野功芳先生も推薦していました。ルービンシュタイン晩年のピアノはいかにも大家らしく非常に味わいが深く、ゆったりとした気分で聴くことができます。欠点は、技術的に衰えを感じることと、少々お気楽な雰囲気で暗さに欠けること、第3楽章での迫力不足でしょうか。ですがそれらを超えた魅力を感じるので、これも大好きな演奏です。

Brahms-51gad4tih7l_ac_ マウリツィオ・ポリーニ独奏、カール・ベーム指揮ウイーン・フィル(1979年録音/グラモフォン盤) ポリーニのこの曲の最初の録音です。まずベームがウイーン・フィルから醸し出す重厚な響きに魅了されます。そして、音楽全体の主導はベームにあるように思います。若きポリーニのピアノは剛鍵とも言えるもので、力強く迫力ある音には圧倒されますが、反面硬さを感じます。繊細な部分の情感にもそれほど深みを感じません。大変立派な演奏には違いありませんが、心に浸み渡って来る具合がどうも今ひとつです。

51gubrjqrsl__ac__20210126000701 ハンス・リヒター=ハーザー独奏、クルト・ザンデルリンク指揮デンマーク放送響(1979年録音/Kontrapunkt 盤) リヒター・ハーザー67歳の時の録音ですが、打鍵、フィンガリングが素晴らしく、決して音が上滑りしません。このような堂々と恰幅の良い演奏を聴かされるとドイツ音楽の良さここに極まれりです。これほど凄いドイツのピアニストがレコード会社の商業ベースから外れたのは大きな損失です。ザンデルリンクは、ここでもまた重厚な演奏を聴かせてくれて、リヒター=ハーザーとの相性は抜群です。デンマークのオケですが、音の厚みが素晴らしいですし録音も優秀です。このディスクは2枚組で、もう1枚はベートーヴェンの「皇帝」ですが、それも超名演です。

61uonoc1f4l_ac_ クリスティアン・ツィメルマン独奏、レナード・バーンスタイン指揮ウィーン・フィル(1983年録音/グラモフォン盤) これはツィメルマンが26歳の時の録音です。ブラームスが作曲した年齢に非常に近いです。後にツイメルマンが語ったところでは、この録音の時には使用するはずだったピアノが交通事故で届かずに、代わりのピアノを使用したり、映像収録の機材が周囲に並んでいたことから満足できる録音では無かったようです。確かに第1楽章の前半などは曲に乗り切れていように感じます。しかしそれもまた逆にブラームスの青春を感じさせたりして、必ずしも悪く有りません。

Brahms373d5f4706567bc52f93a1e6afa22 アルフレッド・ブレンデル独奏、クラウディオ・アバド指揮ベルリン・フィル(1986年録音/フィリプス盤) ベルリン・フィルの明るく派手な響きはブラームスの曲には余り向いていない場合が多いのですが、このCDも例外ではありませんでした。しかし若い時代の作の第1番の方が第2番よりは抵抗感は少ないです。円熟期に入ったブレンデルのピアノは美しく、しかし華奢にならないのが良いです。そうしてみると優秀で雄弁なオーケストラの伴奏に溶け合ってブラームスの滋味さえ感じさせてくれ、聴いていて心地が良くなります。これは名盤の一つに数えて差し支えありません。

71ldgluik5l_ac_sl1038_ アンドラーシュ・シフ独奏、ゲオルグ・ショルティ指揮ウィーン・フィル(1988年録音/DECCA盤) シフが35歳の時の録音ですが、当時はバッハやシューベルトの録音に精力的でしたので、この大曲を演奏していたのは意外です。同郷のショルティとの共演であり、オーケストラがウィーン・フィルなのも嬉しいです。シフのピアノはやはり端正でルバートや揺らぎを利かせません。しかし味気なさとは無縁で、味わいが有ります。打鍵の強さも過剰過ぎず、必要充分です。ショルティの指揮にはやや力こぶを感じますが恰幅が良く、この曲には向いています。1,3楽章の立派さもさることながら2楽章の深さ、美しさは中々のものです。

035 イヴァン・モラヴェツ独奏、イルジー・ビエロフラーべック指揮チェコ・フィル(1989年録音/スプラフォン盤) この演奏も素晴らしく味わいが有るので大好きです。モラヴェツはチェコ出身のピアニストの中でもテクニシャンですが、それ以上に自由自在な表現でニュアンスの豊富なピアノが極めてユニークです。それは、まるで落語か講談の名人の語りを聞いているかのようです。ですが、それでいて少しもわざとらしい嫌味は感じられず、しっかりとしたブラームスの深い味わいがあります。

Brahms-iiuec0x1l_ac_sl1019_ ゲルハルト・オピッツ独奏、コリン・デイヴィス指揮バイエルン放送響(1993年録音/RCA盤) ドイツのピアニスト、オピッツが40歳の油の乗り切った時の演奏です。武骨で重厚、少しも弱さを感じさせない底光りするようなピアノ・タッチは同郷の先輩であるリヒター=ハーザーを想わせます。Cデイヴィスも名門楽団から重厚でドイツ的な響きを引き出してスケール大きく、ソリストとは対等に、かつ丁々発止の演奏を繰り広げているので、聴き応えがすこぶる有ります。録音も優れます。CDは第2番とカップリングされています。

P1-51fym1o6iml_ac__20210127150101 二コラ・アンゲリッシュ独奏、パーヴォ・ヤルヴィ指揮フランクフルト放送響(2007年録音/ERATO盤) アンゲリッシュはフランス系ですがドイツ音楽を得意とします。このブラームスも強靭なテクニックに裏打ちされながら、しっかりとした骨格を持ち、じっくりと深みのある演奏を聴かせています。ちょっとしたルバートや音のタメが随所に効いていて、伝統的なドイツスタイルの音楽の味わいを感じさせますが、それでいて新鮮さも兼ね備えます。第2楽章でも繊細な心のひだが感じられて味わい深いです。パーヴォの率いる管弦楽も充実していて、厚く、また美しい響きでピアノと素晴らしいハーモニーを聴かせています。録音も最上ですし、新鮮な名盤としてお薦め出来ます。

この素晴らしい名曲には、まだまだ他にも素晴らしい名盤が有りますので、それについては下記の関連記事をご覧になられてください。

<補足>
バックハウス盤、バレンボイム盤、リヒター=ハーザー盤、ツィメルマン盤、アンゲリッシュ盤を後から追記しました。

<関連記事>
ブラームス ピアノ協奏曲第1番 続・名盤
ブラームス ピアノ協奏曲第1番 続々・名盤
ブラームス ピアノ協奏曲第1番 グールドとバーンスタインの歴史的演奏会

|

« ブラームスの交響曲 愛聴盤の紹介 | トップページ | 国立劇場で歌舞伎「大老」 »

ブラームス(協奏曲:ピアノ)」カテゴリの記事

コメント

私自身、正直なところブラームスのピアノ協奏曲はどうも苦手であまりCDは持っていませんが、その中で1番の録音で繰り返して聴いてみようと思うCDが2枚あります。
①ホロヴィッツのピアノ独奏、ワルター指揮アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団(1936年録音)
②伊藤恵のピアノ独奏、朝比奈隆指揮新日本フィルハーモニー交響楽団(2000年録音)
どうも私は正統的な聴き手でないようです・・・。

投稿: オペラファン | 2008年10月17日 (金) 23時51分

オペラファンさんコメントありがとうございます。

いや、何が正統的かなどとは非常に難しい問題です。私は以前HMVのレヴューでギレリスの演奏が良いか悪いかとある方と半ばけんか腰でやりあった事が有ります。若気のなんとやらです(苦笑)。結局は人の好みではないでしょうか。

投稿: ハルくん | 2008年10月18日 (土) 00時18分

こんにちは。ブラームスのピアノ協奏曲は2曲とも大好きですが、第2番に比べて、第1番の記事にはコメントが少ないですね。やっぱり2番の方が人気があるのでしょうね。
この第1番は若々しくて疾風怒濤のようなところがあって、2番に劣らず(それ以上かも)好きで、20種類くらいは聴いていますが、ベストというのはなかなか決めがたい曲なのです。

最近聴いたなかでは、アラウのライブ録音(クーべリック指揮バイエルンン放送響)、スティーブン・ハフ(A.デイヴィス指揮BBC響)がかなり良いと思った演奏です。音は悪いですがカッチェン&コンヴィチュニー/ゲヴァンドハウス管のライブ録音も好きですが、これは個人的な好みがとても強く影響してます。

ギレリスの第1番は、この曲を初めて録音したそうで、やはりピアノが弾きこなれていない印象を受けました。第2番も明るい陽光が差し込まずに、暗い色調のように感じます。私もギレリスのブラームスは苦手です。

投稿: yoshimi | 2009年5月14日 (木) 23時47分

yoshimiさん、はじめまして。
コメントをありがとうございます。

アラウ/クーベリックは聴いていませんが、組合わせからしてもベストを狙うで演奏であろうことは想像できます。
ハフ/Aデイヴィスはやはり未聴です。
カッチェン/コンヴィチュニーは名演だと思います。カッチェンにはモントゥー/ロンドンとのスタジオ録音もあり、そちらも捨てがたい味わいが有ると思います。

しかし私としては、このシンフォニックな曲を心底味わうには、記事で紹介したザンデルリンクとルプー、グリモーの2種がやはりベストだと思ってはいます。

投稿: ハルくん | 2009年5月15日 (金) 01時10分

こんばんは。

ご紹介いただいたグリモーのCDについての記事を見にきました。
ブラームスのピアノ協奏曲は1番も2番もいまだ気に入った演奏を聴いたことがありません。
最近、ハイティンク+アラウの古い録音を手に入れ、これから聴くところです。アラウに期待しています。ハイティンクはまだ若いころなのでそんなに期待できないかもと思っています。
グリモーのCDはシュターツカペレ・ドレスデンではなく、ベルリンなんですね。ザンデルリンクなら期待できますね。これもこれからCDを探してみます。
ルプーとは意外なCDを評価されていますね。若いころの録音は昔聴いた覚えがあります。重厚な演奏だったように記憶しています。

投稿: sarai | 2011年1月16日 (日) 22時52分

saraiさん、こんばんは。

グリモーのCDが好きな理由の半分以上はザンデルリンク/SKベルリンの演奏に有ります。もちろんグリモーも非常に気に入っていますが。
ルプーのCD-Rももう20年前の演奏になりますが、これもやはりザンデルリンクの指揮が実に素晴らしいです。

アラウは最近クーベリック伴奏のライブ盤を入手しました。とても良い演奏です。他の何人かの演奏をまとめて続編を書こうと思っています。

投稿: ハルくん | 2011年1月16日 (日) 23時38分

こんにちは、saraiです。

ようやく、グリモーのCDを聴きました。ザンデルリンク指揮のオーケストラには圧倒されます。この曲で初めていい演奏を聴きました。グリモーも第1楽章後半あたりから、非常にロマンチックに詩情豊かな演奏、あれっと思ったら、これはライブ盤だったんですね。特に第2楽章の陶酔するようなピアノがよかったです。
ところで、この曲がこんなにいいんならと思って、なかなか聴けなかったアラウ盤(ハイティンク+コンセルトヘボウ)も合わせて聴いてみました。これまでアラウはジュリーニ盤を聴いていましたが、このハイティンク盤はアラウのピアノのタッチの美しいこと、この上なしって感じです。で、第3楽章の切れ味の素晴らしいこと、驚きました。やはり、ブラームスはいいですね。

投稿: sarai | 2011年5月21日 (土) 16時40分

saraiさん、こんにちは。

ザンデルリンクの指揮は、本当に素晴らしいと思います。外面的な迫力で言えば、たとえばヨッフム/ベルリンフィルのような演奏も有りますが、これほど内面から湧き上がるような充実仕切った響きは、ちょっと他に聴けないと思います。グリモーのピアノも大好きです。ライブ録音とは書いてありますが、演奏ミスが無いですし、録音日として二日間の記載があるので編集はされているでしょうね。
アラウはハイティンク盤は聴いていませんが、クーベリックとのライブ盤も中々素晴らしいですよ。

投稿: ハルくん | 2011年5月21日 (土) 17時20分

ハマりました、グリモーに!
この第1番の協奏曲はブラームスそのものです。
なんて素晴らしい演奏なのでしょう。
彼女のモーッアルトの23番がザンデルリンクとあるのですねぇ。聴きたくなりました。

投稿: まつやす | 2011年11月19日 (土) 21時18分

まつやすさん、こんにちは。

グリモーいいですよ。美人ですし。(笑)
この1番は本当に素晴らしい演奏だと思います。好きですね〜。
この他に聴いたCDについては次回記事にする予定です。

投稿: ハルくん | 2011年11月19日 (土) 22時57分

こんばんは。
グリモー盤を。中古屋の価格に納得できず値下げを待った日々^^
冒頭から深奥、余りに深奥で引き込まれます。普段は2番に手が伸びますが、久々に1番ルプー盤も聴かねば。

投稿: source man | 2012年1月16日 (月) 21時55分

source manさん、こんにちは。

グリモー盤お気に入られましたか。それは嬉しいです。毎回言ってはいますが、このザンデルリンクも本当に素晴らしいですからね。

1番も良い演奏で聴くと、2番と同じぐらいに感銘を受けますね。僕も最近は1番が以前にも増して好きなんですよ。

投稿: ハルくん | 2012年1月17日 (火) 08時23分

再びこんにちは。
我慢できなくなり、寝る前にルプー盤を。
丁寧に音を置きにいくかの如く弾く叙情性、特にソロが大半を占める2楽章はホールの残響も在って幻想的で強く印象に残りました。

投稿: source man | 2012年1月17日 (火) 09時33分

source manさん、こんにちは。

このルプー盤は、発売当時はメジャーショップで普通に買えましたが、最近は中古店でも滅多に見かけません。ホントに貴重盤ですね。

仰られるように2楽章が一番印象的です。1、3楽章ももちろん素晴らしいのですけれど。

投稿: ハルくん | 2012年1月17日 (火) 10時18分

ハルくんさん、こんばんは。 ブラームスの ピアノ協奏曲は 第1番も第2番も大好きで 良く聴いています。世間一般的には第2番の方が人気が高いですが、それは あの美しい 第3楽章があるためだと思っています。フィナーレ楽章は むしろ、第1番の方が私は好きです。CDは やはり グリモー/ザンデルリンク盤と アラウ/クーベリック盤が最高なのですが、もう1枚、 ケンプ/コンヴィチュニー/SKD という純正ドイツの演奏が忘れられません。このCDは モノラル録音ですが いつもより気合いの入ったケンプのピアノ。まだ東ドイツ時代の SKDの渋く、深い響き。コンヴィチュニーの "これぞ ブラームス"という音楽表現は 「素晴らしい!」の一言です。

投稿: ヨシツグカ | 2012年10月26日 (金) 21時59分

ヨシツグカさん、こんばんは。

2番も1番も甲乙つけるのは難しいですが、しいて言えば1楽章は2番が上かな。緩徐楽章の1番の2楽章と2番の3楽章では互角。終楽章は確かに1番かもしれません。となると2番の2楽章が余りますが、僕はこれがまた大好きなんです。となると総得点では2番が有利ということになりますが、全体の印象では良い勝負です。この2曲は本当に凄い!

ケンプ/コンヴィチュニー盤は聴いていませんが、コンヴィチュニーの演奏は確かカッチェンとのライブ盤を聴いた記憶があります。もちろん良かった印象です。

投稿: ハルくん | 2012年10月26日 (金) 23時09分

ハルさん
コメント返し早いですね。ありがとうございます。又、参加させて頂きたいと思います。

ブラームスの重厚感は本当素晴らしいですね。
ブラPコン1番も大好きな曲です。

グリモーは昔、聞いたのですがどうゆう訳か
手放してしまいました。エラートの音が気に入らなかったと思います。
又、聴き直して見ます。

私の好きな盤は、レオンフライシャーとセルの競演です。セルの出だしが圧巻です。
大音響で聴いています。 それでは又。。。

投稿: DICK | 2013年4月23日 (火) 18時35分

DICKさん、こんにちは。

ブラームスのP協はしいて言えば2番の方が好きですが、1番も実に素晴らしいです。

グリモー盤はザンデルリンクの伴奏がキーです。テンポが遅いので好みは出るかもしれませんが、僕は最高だと思っています。

セルはゼルキンの伴奏盤しか有りませんが非常に良いですね。

それではまた。

投稿: ハルくん | 2013年4月23日 (火) 22時17分

私はこの作品はアラウとクーベリックも非常に好きですが偶然手に入れたバレンボイムとクーベリックの非正規盤がもっとも好みです。壮年期で技巧の絶頂期のバレンボイムがとにかく元気でクーベリックにいささかも負けていません。ライブだけに微妙なテンポの揺らしもあり最初から最後まで一瞬も飽きません。二枚組で第二番もあります。おっとはじめましての挨拶を忘れました。

投稿: 薄暮の旅人 | 2013年4月30日 (火) 02時04分

薄暮の旅人さん、こちらへもコメントありがとうございます。

バレンボイム/クーベリックの非正規盤というのは聴いたことが有りません。お話を伺う限りとても良さそうですね。是非聴いてみたいものです。2番のほうも興味津々です。
貴重な情報をありがとうございました。

投稿: ハルくん | 2013年4月30日 (火) 22時48分

ブラコン1番で、名盤といわれる10枚ほどのCD、LPを遍歴したきた私のイチ押しは、ミッシャ・ディヒターです。マズアのオケも素晴らしい。第1楽章終結直前の美しいメロディの伴奏が特にイイ。

投稿: ととろ | 2015年8月 7日 (金) 07時08分

ととろさん

ご紹介ありがとうございます。
ミッシャ・ディヒターの演奏は聴いたことが有りませんが、オケがゲヴァントハウス管というのは魅力ですね。ブラームスの演奏には最適の響きを持つ団体ですからね!
CDが通常のCDで廉価で出ていればもっと有り難いのですが。

投稿: ハルくん | 2015年8月 9日 (日) 00時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス ピアノ協奏曲第1番 ニ短調op.15 名盤:

« ブラームスの交響曲 愛聴盤の紹介 | トップページ | 国立劇場で歌舞伎「大老」 »