« プラハ室内歌劇場 2008日本公演 モーツァルト「魔笛」  | トップページ | ブラームスの交響曲 愛聴盤の紹介 »

2008年9月29日 (月)

ブラームス 交響曲全集 ザンデルリンク/ドレスデン国立歌劇場管 ~最高の名盤~

100ここ数日すっかり涼しくなってきました。いよいよブラームスを聴くのに良い季節です。しかし室内楽にはまだ早過ぎます。もう少し秋が深まるまでは大切にとっておきたいところです。今はまだ交響曲か協奏曲あたりを楽しんでおきましょう。

ブラームスの交響曲のCDは世の中に数え切れないくらい有ります。演奏も様々です。僕もブラームスを好きになった高校生時代から30年以上の間に随分色々と聴いてきました。最初は何も判らないからカラヤン。それにフルトヴェングラー、ワルター、ベイヌムと聴きました。そしてクナッパーツブッシュが凄いと聞くと当時は高価だった海賊盤LPも買ってみたものでしだ。

そんなある時、たまたま友達になったブラームス好きの家で、ひとつのレコードを聴かされました。それがクルト・ザンデルリンク指揮ドレスデン国立歌劇場管弦樂団(シュターツカペレ・ドレスデン)のブラームス交響曲全集だったのです。初版は確か日本盤も東独エテルナと同じ真白いジャケットにブラームスの顔が薄く描かれたデザインでした。

演奏を聴いて一発で参りました。これこそがブラームスかと思いました。それまで聴いたカラヤンやフルヴェンは何だったのだろうと。クナッパーツブッシュの巨大な演奏すら異型に思えました。それ以来このザンデルリンクのレコードを越える演奏にはお目にかかれません。この先ももう無理だろうと思います。この演奏は円熟期に入ったザンデルリンクが、絶頂期にあるシュターツカペレ・ドレスデンと組んだまさに一期一会の記録だからです。

それにしても当時のドレスデンは凄いオーケストラでした。弦楽は柔らかさとドイツ伝統丸出しのマルカートとを弾き分けて実に見事ですし、管楽の主席奏者達の上手さも比類が無かったです。フルートのヨハネス・ワルター、ホルンのペーター・ダムなどは当時のウイーン・フィル、ベルリン・フィルの名手達をもってしても音楽的な魅力で到底かなわないし、ゾンダーマンの叩くティンパニーはあの革張りの音と絶妙な合わせの上手さが最高でした。そして何より凄いのはそれらが全て溶け合ってあの正真正銘ドイツのいぶし銀の音になっていたことです。ウイーン・フィルの音が澄み切った絹ごし豆腐か更科蕎麦の味だとすれば、ドレスデンは最高に美味い木綿豆腐かやぶ蕎麦です。ブラームスにはウイーン・フィルよりもドレスデンの方がずっと合うと思っています。

しかしザンデルリンクの指揮があればこそ、この名演が可能になったのです。普通よりもずっと遅く微動だにしjないイン・テンポを守って、ずっしりと重厚なのにもかかわらず、音楽が推進力を失うことが無いのです。ブラームスの音楽の重厚さと心に秘めたる情熱、この両立が難しいのです。しかしこの演奏ではそのバランスがまさに黄金比なのです。

ザンデルリンクは後年にベルリン交響楽団と再録音を行っていますが、すっかり枯れてしまい、そこにはもうこの情熱と推進力は失われています。重すぎてもたれるのです。これを「真のドイツの音」だと世の評判は良いようですが、オケの質はドレスデンの敵では無いですし、残響の深い録音にずいぶん助けられているように感じます。果たして自分が70歳くらいになった時にはこの枯れた演奏のほうが良く聞こえることも有るのでしょうか?但し誤解が有るといけませんが、もしも旧盤の存在が無ければこの新盤は間違いなくブラームス交響曲全集としてはベストだと思います。それぐらい旧盤が素晴らしいだけなのです。

ということでブラームスの交響曲は4曲ともドレスデン盤以外は普段ほとんど聴きません。いぶし銀の音をどうしても聴きたくなるのです。その音を味わうには本当はアナログ盤がベストです。しかし現在のDENONクレスト1000のCDは20ビットのリマスタリングが非常に良く、アナログに充分肉迫しています。旧規格よりもかなり良いです。最近DENONはアンチェル/チェコ・フィルなんかを24ビットで新リマスタリングしていますが高音強調になってしまい必ずしも良くありませんので、今後の再発は余り期待はしていません。それよりもキングがハイパーリマスタリング盤で出してくれないでしょうか。あのシリーズは音がアナログ的で最高だからです。

(補足)
ブログ仲間のsource manさんの調査により、第2番のみはクレスト1000でも旧マスタリングのままだということが分かりました。

|

« プラハ室内歌劇場 2008日本公演 モーツァルト「魔笛」  | トップページ | ブラームスの交響曲 愛聴盤の紹介 »

ブラームス(交響曲全集)」カテゴリの記事

コメント

クルト・ザンデルリンクの演奏を聞いてみたいものです。CD安いんだね!早速買いに行きます。ハルくんがブラームスをすすめるので少ないCDからVn協奏曲を引っ張り出して聴いています。爽やかな秋晴れの静かな田園風景が目の前に広がりますね。実はパパが生まれてはじめてクラシックにはまったのが中学3年で、チャイコのVn協奏曲。そしたら当時付き合い始めた同じクラスの女の子がブラームスがいいというので新宿の紀伊国屋ビル2階にある(あった)帝都無線にいっしょにレコードを買いに行ったのが初デート。たしかヤッシャ・ハイフェッツだったと記憶している。この曲を聴くとそのときの甘い思い出と紀伊国屋ビルの地下に漂っていたカレーのにおいがよみがえってくるのだ。ブラームスの室内楽にも興味あります。ぜひ基本からご教授ください!

投稿: パパゲーノ | 2008年10月 4日 (土) 00時57分

初デートの思い出ですかぁ。いいですね~。しかもブラームスのヴァイオリン協奏曲の好きな彼女とは素適です。ホントに音楽はその時々の思い出を甦らせてくれますね。

ブラームスの室内楽は秋になると毎年必ず良く聴くのでゆっくりとご紹介していきます。
ご一緒に秋の夜長を楽しみましょう!

投稿: ハルくん | 2008年10月 4日 (土) 06時36分

ハルくんさん

いつもコメントありがとうございます。
こちらの記事を拝見していて

>しかし室内楽にはまだ早い。もう少し秋が深まるまで大切にとっておきたい。

という文章に妙に納得してしまいました。
そうなんです。秋なんですよね。
私も過去にアップしたブラームスの記事を確認してきましたら、10月、11月。
やっぱり秋でした。
内省的で少し重いブラームの室内楽は、秋の気配のなかで聴くと切々と胸をうちます。

http://follia.at.webry.info/200610/article_1.html

http://follia.at.webry.info/200711/article_1.html

あ、こんなのもありました。
http://follia.at.webry.info/200611/article_1.html

ハルくんさんのように何枚ものCDを聴き比べるということがあまりありませんので、ハルくんさんの愛聴盤とは違っているかもしれませんが、悪しからずお許しください(笑)。
それから、交響曲についてのコメントではないこともすみません。

投稿: aosta | 2008年10月11日 (土) 15時20分

aostaさん、コメントありがとうございます。

ブラームス本人は秋の季節を意識したわけでは無いのでしょうが、彼の生まれ育ったハンブルクでは夏を除いては1年中どんより曇った天気の日が多いそうです。そんな気候感覚に加えて、自身のロマンティストな面と、思いとおりにならない恋愛感情などが交じり合った結果、あのように寂しい秋に似合ってしまう作品が多く出来たのでしょうね。
でもブラームスの音楽を聴いて季節を感じるのは日本人ならではないかと思います。

ピアノ四重奏曲も弦楽六重奏曲も本当に良い曲ですよね。室内楽こそブラームスの音楽の中核だと思います。

私も何の曲でも聞き比べるわけではありませんよ。ただ、好きな曲だけは色々と比べてみて自分のお気に入りを探してみたいだけです。音楽は「再現芸術」なので、演奏されて初めて鑑賞可能になりますから演奏家の役目は大きいですからね。これは舞台芸術全てについて言えることですが。

投稿: ハルくん | 2008年10月13日 (月) 07時42分

ハルさん、saraiです。
今度はここに出てきました。
子供の時から、ブラームスは大好きでした。特に4番、2番。
とりわけ、ワルター+コロンビア響で育ちました。当時はベーム盤と2強でしたが、断然、ワルターがお好み。
その後、バーンスタインからジュリーニに変遷し、クライバーに浮気したりして、期待して聴いたのがヴァント+NDRでしたが、なんだか、期待はずれ。そして、今、一番のお気に入りがハルさんと同じザンデルリンク+シュターツカペレ・ドレスデン。一聴したときは、なんとも派手さもロマンチックさもなく、いま一つかなと思いましたが、聴きこむにつれて、ああ、これがブラームスだ!と引き込まれるような演奏。向こうからこちらを迎えに来てくれるような演奏ではなく、こちらからはいっていかないといけないような演奏ですね。
ブラームスはこれとワルターの新旧盤があれば、十分かなと思います。普段はザンデルリンク。特別なときには、子供のときからの懐かしいワルターですね。
ライブでは、昨年はヤルヴィ+フランクフルトのブラームスをみなとみらいホールで聴きました。むらはありましたが、よい演奏でした。今年はチョン・ミュンフン+東フィルで全4曲を聴きます。
次はどこに出ようかな・・・

投稿: sarai | 2009年7月12日 (日) 10時17分

saraiさん、またまたコメントありがとうございます!

私もブラームスは大好きで自称ブラームジアーナーです。どうやらsaraiさんもブラームジアーナーでワグネリアンのようですね。
ザンデルリンク/SKDの演奏は正におしゃる通り「聴きこむにつれて、ああ、これがブラームスだ!と引き込まれるような演奏」だと思います。

私はヤルヴィ/フランクフルトはマーラー9だけ聴きましたがやはり良かったです。こちらも聴かれましたか?

投稿: ハルくん | 2009年7月12日 (日) 12時57分

ハルさん、saraiです。

saraiは根っからのブラームジアーナーです。以前はワーグナーはほとんど聴きませんでした。歳を重ねて、オペラに熱中するようになってから、ワーグナーを聴くようになりました。なかでも、トリスタンは特別なオペラです。

昨日もザンデルリンク/SKDのCDでブラームスの2番を聴きましたが、なんとも素晴らしい演奏! 聴きなおして、再認識しましたが、実に明快なブラームスで無理のない演奏です。ザンデルリンクの評価が低すぎると感じました。一度、コンサートホールで聴いてみたかった指揮者です。残念です。

ヤルヴィ/フランクフルトはみなとみらいホールのブラームスチクルスのうち、4番、2番を聴いただけです。2番の出来が素晴らしかったですよ。saraiのホームグラウンドはみなとみらいホール(saraiは横浜在住)なので、あまり、サントリーには行きません。で、マーラーもパス。ヤルヴィ/フランクフルトでマーラーがピンと来なかったのも事実ですが、よかったのですね。まあ、9番は名曲中の名曲ですものね。ハイティンク流に言えば、あの曲はそうめったに聴いちゃいかんのかなとも思います。でも、聴けば、耽溺しますね。

あ、とりとめのない話に・・・
では、また。

投稿: sarai | 2009年7月13日 (月) 12時26分

saraiさん、こんにちは。

ワグナーの「リング」を一つの作品として見なせば最高なのでしょうけれど、あれを4つに分けるとすれば「トリスタン」が最高だと思います。なかなか家で聴き通すのは大変ですけれど。

saraiさんもブラームジアーナーなのですね。同じ穴のムジナ嬉しく思います。ザンデルリンクはファンには非常に人気が高いと思いますよ。皆さん大抵そう言います。僕も実演に接することが無かったのが残念ですが、CD化されているSKDとの日本公演ライブの1番を時々聴いています。

マーラーの9番は確かに聴く時には「よし聴くか!」と身構えないと聴けないですね。しかし良い演奏で聴く時の感動は計り知れません。自分の好きなシンフォニーのベスト3に間違いなく入ります。

それではまた!

投稿: ハルくん | 2009年7月14日 (火) 08時42分

ハルさん、saraiです。
このブログでブラームスの話題ばっかり話していたせいで、どうにも、今年の東フィルのチクルスでは、我慢ならなくなり、先ほど、9月のウィーンフィルのサントリーのチケットを購入してしまいました。ウェーベルンとブラ4です。
ウィーンフィルをオペラ以外で聴くのは久し振りです。ですが、昨年聴いたウィーンのシュターツオーパの来日公演のコシはオペラといっても、アンサンブルオペラで、シュターツオーパのオケの精妙かつ自在な演奏で、ウィーンフィルの演奏会といってもよいような内容でした。久々のムーティもさすがだったし。
しかしながら、CDを別にすると、コンサートで今1番聴きたいブラームスはロイヤルコンセルトヘボウが本拠地のコンセルトヘボウのホールで演奏するものです。それもヤンソンスではなく、ハイティンクで。
一度、アムステルダムを訪れた際、コンセルトヘボウでブラームスのヴァイオリン協奏曲を聴きましたが、あのホールで聴くコンセルトヘボウのオケの音はsaraiが理想とするブラームスそのものでした。来日公演でも、頭に残るアムステルダムのホールの音は思い出せるのですが、そのものではない。木のホールに鳴り響く熟成した分厚めの低音弦の心地よさは今でも頭から離れません。

またまた、とりとめがなくなりました。では、また。

投稿: sarai | 2009年7月17日 (金) 13時37分

saraiさん、こんばんは。

ウイーンフィルに行かれるのですね。
僕は行く予定は有りませんが、もし今年だったら「英雄の生涯」「ドン・キホーテ」を選ぶでしょうか。でもブラ4は楽しみですね。

ムーティのオペラは素晴らしいですね。何年か前のザルツでの「ドン・ジョバンニ」も非常に良かったです。

コンセルトへボウは良いホールだそうですね。ホールは正に楽器の一部だと思います。ですので昔カラヤン/ベルリンフィルが巨大な普門館でベートーベンチクルスをやったなどというのは音楽への冒涜とさえ思えます。

投稿: ハルくん | 2009年7月17日 (金) 23時06分

ハルくん-san
こんばんは~!
「ブラ4」の記事を検索していたら、全集の記事に辿り着いたのでコメントします。

私は長いこと「ブラ4」のリファレンスはクライバー/ウィーン・フィルにしていたんですが、ザンデルリンクの演奏もそのひとつに加えることにしました。
「ブラ4」の記事をTBしますので、遊びに来てください。

投稿: yuhoto | 2009年9月 3日 (木) 20時43分

yuhotoさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

Cクライバー盤はとても人気が有りますよね。
ただ僕の好みでいうと少々スタイリッシュに過ぎるのです。ザンデルリンクの旧盤がSKドレスデンの音色の渋さと相まってやはり一番のお気に入りです。ウイーンPOは音の艶、滑らかさがどうも過剰に感じられてしまいます。まぁ、好みの問題でしょうけれど。

ブログ遊びに行かせてもらいますね。

投稿: ハルくん | 2009年9月 3日 (木) 22時17分

こんにちは。

ザンデルリング/ドレスデンはTDK盤で1番、DENON盤で3番を。先週中古屋saleで、2,4番を。特に4番は冒頭で別格さが判ります。鳴り方や響きも最高。録音場所が良いのでしょうか。

リヒテル/平均律も、クレスハイム宮殿独特の響きが好きだったりします。

2番は2003年発売DENONクレスト、4番は2000年発売盤(秋の歩道がジャケ)。HMVの03年盤説明には、初20bitリマスターとあるのに、商品の裏ジャケには2000年盤の再発と記載。どちらが正しいのでしょうか。

投稿: source man | 2009年9月28日 (月) 11時08分

source manさん、こんにちは。

ザンデルリンク/SKドレスデンのブラームスでは、3番と4番が特に傑出していると思っています。最新デジタル録音ではないですが、アナログ録音の柔らかい響きが演奏に実に適していますね。録音場所のルカ教会は旧東独の有名な録音場所です。数多くの名演奏、名録音を生んでいます。
僕の記憶ではDENONクレスト1000シリーズが20bitの最初だったと思いますが、確かではありません。
ですがオーディオ装置によっては16bitの方が柔らかく響いて良いケースも有るかもしれません。演奏自体の素晴らしさは変わりませんからね。

投稿: ハルくん | 2009年9月29日 (火) 23時36分

こんにちは。

発売元コロムビアに電話しました。
94年Master Soundシリーズで20bitリマスターされ、廉価版がクレスト1000。

でも2番だけは、テープの問題で現在も20bitリマスターされてません。

2000年、4番でいうとCOCO-70311は全集からの分売→非リマスター盤。

1,3,4番は、94年Master Soundシリーズと、03年クレストが20bit、2番だけは何年発売のものでも一緒という事です。

更に厄介なのは、クレスト1000の2番/裏ジャケに記載の「COCO-70320原盤による再発売」で、上記から再発売という表記は正しいのですが、品番COCO-70320が間違ってるという事です。

投稿: source man | 2009年10月 8日 (木) 15時49分

さすがはsource manさん、素晴らしい探求意欲ですね。早速クレスト1000のノートと帯を見てみたら、確かに2番だけは何処にも20Bitリマスターの記述は無いですしMS(マスターサウンド)のロゴも見当たらないですね。
元々国内盤LPで聞いていた時代にどういうわけか2番は他の3曲より音が落ちる気がしていました。なのでこんなものかなという思い込みも有ったのでしょう。全く気が付きませんでした。
ということはオリジナルテープに何らかの破損が有るのでしょうね。非常に残念ですね。
ただ旧マスターもSKDサウンドが味わえないわけでは無いですし、演奏の素晴らしい価値は変わらないと思います。

投稿: ハルくん | 2009年10月 9日 (金) 05時29分

ハルくんさん
こんばんは。教えていただきたいのですが、紹介されているザンデルリンク/シュターツカペレドレスデンのブラームス交響曲全集のレコードは今CD化されているものですと、私が調べた限りだと1995年に発売されているRCA Victor Europe盤のBrahms: Symphonies No. 1-4: Classical Nav、同じく1995年発売のRCA盤のComplete Symphoniesの2種類だと思うのですが、どうでしょうか?
よろしくお願いします。

投稿: Paseri | 2010年12月 4日 (土) 01時20分

Paseriさん、はじめまして。コメントを頂きましてどうもありがとうございます。

全集としてのセットは確かにRCA盤しか有りませんね。これは音の分離が余り良くなくベールが1枚かかった印象です。それが逆に音が柔らかく聞こえる気はしますけれど。
日本コロンビアの全集は廃盤ですが中古店では時々見かけます。旧マスタリングですので音はRCA盤と似た傾向だったと思います。
記事で紹介したDENONクレスト1000盤は分売のみなのが残念ですが、音が明快なわりに硬すぎません。自分の所有している国内アナログLP盤とも似ています。ですので現在ではこれが一番良いと思っています。但し、オーディオ機器が変わると印象もまた変わりますので、絶対ということではありません。
こんなお返事でよろしいでしょうか?

投稿: ハルくん | 2010年12月 4日 (土) 12時15分

ハルくんさん

こんばんは。アドバイスありがとうございます。時々、ハルくんさんの記事を参考にCD購入しています。交響曲全集の件、DENONクレスト1000盤を集めてみようと思います。ありがとうございました。

投稿: Paseri | 2010年12月 4日 (土) 19時28分

Paseriさん、こんばんは。

DENONクレスト1000盤、是非お聴きになられてみてください。ご感想を楽しみにしていますね。
これからもどうぞお気軽にコメントください。
よろしくお願いします。

投稿: ハルくん | 2010年12月 4日 (土) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1080200/24111819

この記事へのトラックバック一覧です: ブラームス 交響曲全集 ザンデルリンク/ドレスデン国立歌劇場管 ~最高の名盤~:

« プラハ室内歌劇場 2008日本公演 モーツァルト「魔笛」  | トップページ | ブラームスの交響曲 愛聴盤の紹介 »